BE LOVE

私たちはどうかしている・第22話のネタバレと感想|BE LOVE




「BE LOVE」に掲載されている「私たちはどうかしている」第22話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「私たちはどうかしている」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
私たちはどうかしている・漫画ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】BE LOVEで連載中の大人気コミック『私たちはどうかしている』のネタバレ・感想をまとめました。 ドラマ化してさらに注目されている...

私たちはどうかしている・第22話のネタバレ

七桜は城島の部屋へ行き、そこが15年前に母親と住んでいた場所だと確信します。

窓もふすまも全てが懐かしく感じる七桜。
窓に咲くくちなしを眺めながら、城島は夢を語ります。自分の両親は季節が変わるたびにアイデアを出し合い、花をモチーフにしたお菓子を作るのだと言い、小さいけれど温かさじゃどこにも負けない店にしたいのだと。

その夢に共感し、絶対に叶えてほしいと言う七桜。

すると、城島は椿は女性を大事にできない、椿とでは幸せになれないと言って七桜にキスをしようとします。
そこに現れたのは椿。

人のものに手を出す余裕があるなら、包あんの練習でもしたらどうだと言われた城島は、七桜のことが好きなのだと微笑みます。

椿は腹を立て城島に掴みかかりますが、七桜に静止されて我に返ると、七桜を連れて出ていくのでした。

二人が出ていくと城島は、あんな普通の女のどこがいいんだと無表情でつぶやきます。

 

離れを出た七桜は椿に、さっきのは城島の本心ではないと思うと告げます。
とりあえず信用ならないから、城島には近づくなと言って去っていく椿。

 

翌日、厨房で七桜が城島に話しかけると、城島は来月いっぱいで辞めることを告げます。
それを聞いた七桜は城島をクビにしないでくれと椿に必死に頼むのでした。

城島は両親の店を継ぐという夢を叶えるために、ここで頑張っているのだ、と。それに対し、椿は光月庵は夢物語を語る場所ではなく、店の利益にならないヤツはいらないのだと冷たく言い放ちます。七桜は椿を遠くに感じるのでした。

その頃、山口は城島に七桜に何を話したのかと聞きます。

実家の店を継ぐのが夢って、店は一年前に潰れてしまったのだろう、と。それに対して城島は、潰れたのではなく、椿に潰されたのだと言うのでした。




 

『私たちはどうかしている』の最新話を無料で読むには?!

『私たちはどうかしている』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

私たちはどうかしている・第22話の感想

どうして城島がキスをしようと近づいたとき、七桜は避けようとしないんだー!と心の中で叫びました(笑)ちょっと油断しすぎですよね、七桜。

しかも椿が助けに来てくれた後も、動揺したり、腹を立てたりする様子は見られないし。こんなことがあっても、城島の本性を探ろうと考えるわけではなく、何か理由があるはずだと、あくまで前向きに城島のことを知ろうとする七桜は優しい人物なのだなと思います。

でも、自分は今敵地に乗り込んでいるのだから、もっと人のこと疑った方がいいですね…。

さて、城島の実家を継ぐという話は嘘だったようです。実家の和菓子屋は一年前に椿に潰されてしまったのだと。衝撃ですね!これが本当だとしたら、椿に復習したくなる気持ちはよ~く分かります。一体何があったのでしょうか?

https://manganista.net/watashitachihadoukashiteiru23/