ネタバレ・感想まとめ

皇后は体育会系!?・ネタバレ全話まとめ


comicoで連載中の大人気コミック『皇后は体育会系!?』のネタバレ・感想をまとめました。

このページで『皇后は体育会系!?』のネタバレ内容が全て網羅できちゃいます!

文字のみですが、ネタバレ注意です!


目次

『皇后は体育会系!?』のネタバレ・感想一覧

めめこ
めめこ
読みたい話数をクリックすると、詳細のネタバレ・感想を読むことができます♪
3話4話5話6話
7話8話9話10話
11話12話13話14話
15話16話17話18話
19話20話21話22話
23話24話25話26話
27話28話29話30話
31話32話33話34話
35話36話37話38話
39話40話41話42話
43話44話45話46話
47話48話49話50話

 


漫画を無料で読めるサイトランキング

漫画を絵付きで無料で読みたい!という方は電子書籍配信サイトを利用するのがおススメ♪

電子書籍配信サイトでは、初回登録が無料&漫画が無料で読めるポイントを初回でプレゼントしています!

今回は電子書籍を使いこなした管理人が、実際使ってみてよかったサイトをご紹介!
とても多くの方が無料登録して無料で漫画をお得に楽しんでいるので、是非チェックしてみて下さいね!('ω')ノ
U-NEXT
漫画好きには一番お勧めしたいサイト!
漫画はもちろん、アニメや映画等、動画も見放題です。

31日間無料!登録時に600円分のポイントも貰えるので無料で600円分の漫画が読めてしまいます!

管理人も5年ほど使用してて、一番オススメのサイトです笑
おすすめ度
特徴・31日間無料
登録時600円分のポイントがもらえる
・漫画の他にも動画が14万本以上
漫画作品数約90,000冊以上
料金31日以内に解約すれば完全無料 (それ以降は月額1990円ですが、毎月1200円分のポイントプレゼント&40%ポイント還元で実質月額790円以下!)

こんな人にオススメ!

・有名どころからマイナー作品まで無料&お得に読みたい
・漫画以外にも映画・ドラマ・書籍…とにかくたくさん楽しみたい♪
・1か月だけでいいから完全無料で楽しみたい

U-NEXT公式サイトへ
コミック.jp
ポイント還元率が電子コミック業界No1!

30日間無料おためしで、1350円分のマンガが無料!


毎月1350円分のポイントがプレゼントされるので、漫画好きにはたまりません!

さらに還元率も最大10%と、読めば読むほどお得♪
おすすめ度
特徴・30日間無料体験あり
無料体験時に1350円分のポイントがもらえる
・配信数国内最大級!
作品数13万作品以上
料金30日以内に解約すれば無料 (月額は1100円ですが毎月1350円分のポイントが付与されるので実質月額0円!)

こんな人にオススメ!

・とにかく漫画を無料で読みたい
・毎月漫画をたくさん読むほど大好き
・無料作品1000作品以上!

コミック.jp公式サイトへ
ebookjapan
作品数は業界No1の500,000冊!

旧作から新作までなんでもあります!笑 漫画マニアにはおススメかも。


さらに初回50%OFFのクーポンも!
クーポンは頻繁に配布しているので、普通に書店で買うよりお得。

無料漫画以外は読みたい分だけ購入するシステムです。
おすすめ度
特徴・漫画の作品数ならNo1
無料登録で半額クーポンプレゼント!
・キャンペーンが豊富
作品数500,000冊(そのうち1000冊が無料漫画)
料金登録無料(無料漫画以外はその都度払い)

こんな人にオススメ!

・昔の名作から新作まで幅広く読みたい
・読みたい漫画だけ購入したい
・漫画以外のサービスは特に必要ない

ebookjapan公式サイトへ

『皇后は体育会系!?』のネタバレ詳細

皇后は体育会系!?・第3話のネタバレ感想

皇后の元に婚礼以降一度も皇后宮に来て、皇帝が侵入者に意志を投げつけたことを皇后らしからぬ行為だと注意しにきます。以前と別人のような皇后の態度に皇帝はどちらが本当の皇后なのか疑問に思うのでした。ウーメイの提案で皇太后陛下の元へ行くことになった皇后は、皇太后に好かれていることを実感し自分の力になってくれそうだと感じます。そこへ、成妃リンがやってきてたのです。
第3話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第4話のネタバレ感想

皇太后の元へやってきたリンに皇太后は厳しい言葉を浴びせます。皇帝がリンに良くするほど皇太后はそれを嫌うのです。リンの元へ来た皇帝は皇太后にまた叱られ皇后が自分の肩を持ってくれたと嬉しそうに話すリンを見て、リンが自分に恋情を抱くことはないと実感するのでした。一方皇后は侵入者の情報を得られず、自分の身を自分で守るため父・シン・セツジュを呼び出し助けを乞います。

第4話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第5話のネタバレ感想

皇后は危険人物リストを作るため、セツジュに宮殿内の人物と以前の皇后との関係性を書いてもらいます。襲撃について調べるため皇后は城禁府へ行きますが、調書にはほとんど情報が書かれていません。そこに、皇后が城禁府に言ったと知り皇帝がやってきます。ここにきた理由を誤魔化すため皇后は皇帝に見つけてほしかっただけと言います。皇帝はその場を去り、皇帝の言葉が本気のわけがないと思うのでした。
第5話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第6話のネタバレ感想

皇后はセツジュとウーメイに記入してもらった危険人物リストと刀を確保しますが、調書に確かな情報がなかったためむやみな行動もできず、行き詰ってしまいます。皇太后に向かう途中で皇后はリンを見かけ、お茶に誘います。皇后がリンの手を取ろうとした時、皇帝が現れ皇后がリンに何をするかわからないから近づくなと言います。皇后は笑顔で受け流し、その場を後にするのでした。
第6話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第7話のネタバレ感想

すぐムキになる皇帝を皇后は可愛く感じます。その後、リンが皇后の元へやってきて、2人は散歩をすることになります。そこに突然暗殺者が襲ってきて、皇后はとっさに相手の刀を握り、相手に何度も蹴りを入れます。泣きながら人を呼ぶリンに、皇后は自分が暗殺者を捕まえたことを内緒にしてほしいとお願いします。2人が襲撃されたことを聞き、皇帝はリンの心配をし、リンの元へ急ぐのでした。

第7話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第8話のネタバレ感想

皇后は、近くに自分の情報を漏らしている人がいると確信します。一方、皇帝はリンに皇后のせいで危ない目に遭ったのだから今後近寄るなと言います。その言葉にリンは怒り、皇帝を突き放します。その後、皇帝は皇后の元へ行き怪我の具合を確かめ帰っていきました。地下牢獄ではオダンが暗殺者に痛みを与えながら、誰に気絶させられたのか問うていました。
第8話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第9話のネタバレ感想

皇帝はリンが皇后にばかり会いに行くので、嫉妬します。そんな中、リンと皇后がリン手作りのザクロ酒を飲んでいると皇帝が現れます。リンと皇帝のやり取りを見て、皇后は2人が恋に落ちた者同士とは思えませんでした。皇后宮に戻り皇后はリンから皇帝の側室は自分だけではないと言います。そして皇后から皇帝との関係を聞かれたリンはお互いに愛し合う関係ではないと話すのでした。
第9話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第10話のネタバレ感想

皇帝を愛してないのに側室になったことを気にしていたリン。皇后にリンを側室にしたのは皇帝なのだから罪悪感を感じる必要はないとと言われ涙を流します。そして、いつか皇帝が心から愛する人が皇后であってほしいと言われた皇后は人の体で恋愛してもいいのか考えますが、あの生意気な皇帝を自分のものにすると奮い立つのでした。
第10話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第11話のネタバレ感想

皇帝は太王殿周辺の草むらに皇后の着物の袖が落ちているのを見つけます。それは皇帝の大まかな性格を把握するための皇后の自作自演でした。皇帝は太監を使って皇后を御殿に呼び出します。皇后が御殿の扉を開けると勢いよく本が飛んできますが、持ち前の反射神経で本を掴みます。タイガに開くなと言われますが、皇后はその本を開くのでした。

第11話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第12話のネタバレ感想

自分の元に飛んできたエロ本の中身を確認した皇后は、皇帝はこういう設定が好きなのかと言います。皇帝が意味が分からず聞き返すと、皇后はエロ本を朗読し始めます。顔を真っ赤にし皇后の口を手を塞ぐ皇帝を見て、皇后は彼が童貞であることを察し笑顔になります。思い出したように皇后の着物を返す皇帝にお礼を言うと、皇帝は顔を背けます。皇后は皇帝がどんな人物か大体分かりそうだと思うのでした。
第12話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第13話のネタバレ感想

皇后と皇帝の性格について話すリンは、皇帝と皇后が親密になるためにできることはしたいと太王殿へ行きます。皇帝はリンの訪問に上機嫌になりますが、リンにもう少し皇后を大切にしてほしいと言われ、皇后の肩を持つのかと声を荒げます。暗殺者を倒したのは皇后であったことを聞いていた皇帝は、暗殺者に狙われている皇后とは距離を置くように伝え、仲良くするなら王蘭はどうかと提案するのでした。

第13話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第14話のネタバレ感想

王蘭は裏でリンに厳しい言葉を浴びせるような人物で、リンにとっては皇后だけが気兼ねなく接せられる人でした。皇帝を絶対落とすと意気込む皇后の元へ皇帝がやってきます。皇帝は皇后に素直で優しいリンを利用するのは頂けないと言います。そして皇后のせいで自分がリンと過ごす時間を奪われていると言うのです。皇帝はリンに近づかずおとなしくしていろと言い勢いよく扉を閉めて出ていきました。

第14話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第15話のネタバレ感想

翌日リンが自分のせいで皇后が皇帝に好き勝手言われてしまったことを謝りに来ました。皇帝のせいでリンと気まずくなってしまい、皇后は怒りが沸いてきます。皇后が太王殿へ行くと1人の人物が目に留まりますが、皇后に気付くと慌ててその場を離れていきます。その人物は以前皇后宮へ侵入しようとして皇后に石を当てられた「副泰主」という人物だったのです。そこへ「李紫焰」がカラスと共に現れます。

第15話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第16話のネタバレ感想

折り合いの悪くすぐ火花を散らす副泰主と李紫焰。紫焔は皇后から返り討ちに遭い、任務を失敗した副泰主をバカにします。そして、皇后にはすでに他の者を送っていることを副泰主に伝えるのでした。数日後、皇后は皇帝の元へ行きますが会ってはくれません。リンも皇后に会いに来なくなっていました。皇帝のことをこれ以上追っても逆効果と思い帰っていく皇后。その姿を皇帝は部屋の窓からこっそり見ていました。

第16話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第17話のネタバレ感想

太王殿へ向かう途中、皇后は何者かの気配を感じます。その夜、皇后はまた暗殺者が現れたかもしれないと不安に思い、もっと警戒しなければと気持ちを入れ替えます。翌朝、一向に会ってくれない皇帝に対し皇后は腹が立ち、その日はリンの元へ行きます。その途中、大量の矢が飛んできて側近達が皇后を守ろうとしますが、メイランに矢が当たりそうだと気付き庇った皇后の背中に命中してしまいます。

第17話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第18話のネタバレ感想

皇后に刺さったのは毒矢で、皇后は意識を失いますが、すぐに解毒します。皇后は医者の指示通り刺激を与えないために紗裸装を着ます。メイランはリンが皇后を殺そうとしているのではないかと疑い、リンと会ってほしくないと皇后に伝えます。一方、皇帝は皇后が襲撃に遭ったことを聞き、皇后の元へ向かいます。皇后の部屋へやってきた皇帝は、皇后を見て顔を赤くし背を向けるのでした。

第18話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第19話のネタバレ感想

皇后がリンの元へ行こうとする途中に襲撃に遭ったことを聞いた皇帝は、皇后がリンを利用しようとしているという自分の考えが分からなくなっていました。紗裸装も脱ぎ包帯で覆っただけの姿の皇后を見て皇帝は目をそらしますが、皇后は皇帝に話しかけます。皇帝は皇后がそんな恥じらいのない者だったとは、と言い去っていきます。皇后はあくびをしてあんな大袈裟な人初めて見たと言うのでした。
第19話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第20話のネタバレ感想

皇帝は太王殿へ戻り、皇后達の前で顔を赤くし大声を上げたことを恥じていました。今回の襲撃について皇帝に聞かれたタイガは、暗殺用の武器が巧妙に設置してあり、城禁府のオダンを呼んで徹底的に調べた方がいいと伝えます。火羅隊の本部では紫焔が任務を失敗したことを副泰主が笑っていました。紫焔はこれまで4度に亘る暗殺がすべて失敗に終わっていることに違和感を感じていたのでした。

第20話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第21話のネタバレ感想

皇帝の側室達が皇后の元へ挨拶にきます。皇后は人によって対応を変えたくないと、32人の側室と会うことにします。次々と皇后宮に入ってくる側室達。皇后はセツジュの危険人物リストに乗っている人物だけは覚えようと、注意深く目を向けます。最後に入ってきたのは側室の中で孤立しているリンでした。皇后はリンに感謝の気持ちを込めて微笑むのでした。

第21話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第22話のネタバレ感想

皇后は改めて危険人物リストに目を通し、次に側室達に会う時はもう少し注意深く見ようと思います。一方。リンは皇后が微笑んでくれたのに、皇帝の言う通り皇后を無視したことを後悔しながら歩いていると、階段から落ちてしまいます。それを聞き皇后は急いでリンの元へ向かいますが、反応がありません。皇后がどういうことなのかと問うと、リンの官女は何者かに突き飛ばされたと訴えたのです。

第22話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第23話のネタバレ感想

別の官女がリンは自分で転んだと発言します。リンの官女・サンランのリンが突き飛ばされ階段から落ちたという言葉の真偽を確認するため、側室達に問いますが、リンが階段から落ちたところを見ている者はいませんでした。皇后は転んだにしてはけがの程度が酷いことに疑問を判じますが、なんの根拠もなく、リンの目が覚めてから改めて話を聞くことにします。
第23話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第24話のネタバレ感想

皇后は側室殿を出入りしている世話役達に側室の頼むよう監視をウーメイに伝えます。一方、皇帝はリンが大怪我したことに怒っていました。リンは身分の高い側室達をの争いを避けるため、自分で転んだと伝えますが、他の側室達がリンに辛く当たっていたことを知っている皇帝は信じることができません。そして、皇帝はサンランがリンは突き落とされたと訴えたのに何もしなかった皇后を緝敬堂へ呼びつけます。

第24話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第25話のネタバレ感想

皇帝が今回の件について聞くと、皇后は無実の人を犯人にすると大問題になるためリンが目を覚ましてから話を聞き、皇帝に相談しようと思っていたと言います。それが最善の選択なのかと問う皇帝に対し、皇后は間違った選択だとは思ってないと伝えます。そして、皇后はリンの怪我が自分の責任であれば、襲撃事件での自分の怪我は皇帝の責任になるというのでした。

第25話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第26話のネタバレ感想

皇后は自分が側室達に手が回らなかったのは、2度も襲撃を受けてきたためだと言います。そして最初から皇帝を恋い慕っていなければ、こんなに胸が痛むことはなかったと呟きます。皇帝は皇后の言葉に顔を赤くし胸が脈打ちます。それを無言で見ていたサンランは、その夜ミン太相の元へ行きます。太上は威圧感を感じさせるようにリンの怪我の件についてきちんと話すように言うのでした。
第26話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第27話のネタバレ感想

タイガは項垂れたり、頬を赤らめるいつもと違う皇帝の姿を不思議に思います。皇帝に襲撃事件について聞かれたタイガは、怪しい者はいないとしながらも疑うべき人物について伝えます。一方、サンランは太相に側室達が疑われいつもならすぐ反論してくるのに、その時は静かにしていた蓮好が犯人だと伝えます。その帰り道、サンランは城禁府の者たちにつかまってしまったのです。

第27話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第28話のネタバレ感想

皇后は皇帝が暗殺者を捕まえるために、リンを含めた緝敬堂の宮人たちの調査を始めたと聞きます。皇帝はタイガから最初に調査すべきは緝敬堂の宮人たちだと言われ、調査を決めたのです。皇后はこれはリンを突き落とした犯人を捕まえろという、皇帝から皇后への取引だと確信します。そして必ず犯人を探すと心に決め、皇后は翌朝城金府へ向かったのです。

第28話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第29話のネタバレ感想

皇后の訪問にオダンは困惑しますが、皇后に緝敬堂の宮人達の尋問の過程を見せてほしいと言われ、2人はサンランが囚われている場所へ行きます。皇后はサンランに城禁府でリンを突き落とした犯人の見つけ方を知ろうと思ってきたと話します。オダンはサンランの尋問を始めますが、その途中ミン太相からの伝言が入り、サンランの尋問は終ったのでした。

第29話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第30話のネタバレ感想

緝敬堂に戻ったサンランはリンの前で、襲撃事件とリンを繋げようとする皇后への怒りを露わにします。皇后に限ってそんなことはないと優しく言うリンの眼差しにいつものような慈愛を感じられず、サンランはすべて皇后のせいだと怒り心頭になります。一方、皇后はウーメイにサンランの尋問中の伝言に「ミン太相」というのが聞こえたと言うと、ウーメイは思わず聞き返したのでした。

第30話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第31話のネタバレ感想

ウーメイはミン太相はリンの最大の支持者であり、皇后の一番の敵だと言います。そして、皇后はウーメイからシン太師が皇后に負担をかけないために、危険人物リストにミン太相の名前を書いていなかったのだと聞かされます。皇后はミン太相のことは太師に任せることにします。ウーメイとメイランは「蓮好の腹痛」が怪しいと言いますが、皇后は今日側室と会う際に判断できるだろうと言うのでした。

第31話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第32話のネタバレ感想

サンランは別の側近達がリンを突き落とした犯人探しをする皇后を称えているのを知り、皇后の犯人探しが失敗すれば皇后に影響があると考え不敵な笑みを浮かべます。皇后は調査員として学士を集め、その中には右府学と呼ばれる副泰主の姿がありました。 右府学は自分の存在がばれないように心がけます。そこに側室達が揃い、さっそく調査が始まりました。

第32話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第33話のネタバレ感想

皇后が側室達を調査することを知った皇帝は怒り、頭を抱えます。しかし、タイガに緝敬堂に皇后を呼び出した時のことを思い出すよう言われ、自分が皇后に緝敬堂まで全て調査するよう言ったのを思い出します。一方、側室達の調査が始まりましたが、リンは上の空でずっと皇后の方を見ていました。学士たちが皇后へ順に報告していく中、右府学が顔を見て報告するように注意されていました。

第33話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第34話のネタバレ感想

右府学の禹白狼は皇后を前にどもりっぱなしで、ウーメイも呆れる始末。皇后は禹白狼を前に会ったことがあるような違和感を感じますが、笑顔で近くに寄り緊張せず報告するよう伝えます。その皇后の姿はその場の空気を一気にさらっていき、禹白狼は皇后はただものではないと実感します。禹白狼が報告を始めますが、皇后は彼の言葉を遮ります。禹白狼を近くで見て、何かに気付いた様子でした。

第34話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第35話のネタバレ感想

皇后は禹白狼という学士のことが気がかりでした。皇后は怪しい彼を観察していましたが、彼の報告からヒントを得て、怪しい人物を蓮好、春鈴、越妃の3名に絞られました。しかし、すぐに答えを出せず皇后は気分転換に夜の散歩へ行きます。そこで皇帝と遭遇しまします。皇后はとっさに笑顔で体調がすぐれないのでと言いその場を去ります。その背中を皇帝は切なげに見送るのでした。
第35話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第36話のネタバレ感想

皇后がリンを突き落とした犯人について考え込んでいると、オダンが現れます。暗殺者が自分を気絶させたのは皇后だと主張していると言われ、皇后はオダンが探りを入れに来たのだと気付きます。皇后はオダンに嘘を付きながら話す中で、ある仮説が思い浮かびました。オダンを追い返した後、ウーメイ達に犯人は蓮好であるとの結論を報告し、太王殿へ向かいました。

第36話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第37話のネタバレ感想

皇后は皇帝にリンを突き落とした犯人を特定したと報告しに行きます。しかし、調査書の内容に触れず字が下手だと指摘する皇帝に、皇后は心の中で悪態をつきます。 皇帝に自分の推理が正しければ陛下もきっと約束を守ってくださるだろうと丁寧に述べ、皇后は退室します。残された皇后は字は汚いが鋭い推察だと笑みをこぼすのでした。

第37話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第38話のネタバレ感想

皇帝は犯人を自信満々に告げたのに書きなぐったような報告書を書く皇后が可愛くて仕方ありませんでした。家臣たちも皇后の報告書が有力だと判断し、蓮好、春鈴、越妃を徹底的に調査することにします。そして皇帝に命じられた太監が皇后に犯人を特定した褒美は何が欲しいか考えておくように伝えに行きます。しかし、皇后は冷たい眼差しでどういうつもりで褒美を与えるのかと、説明を求めるのでした。
第38話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第39話のネタバレ感想

太監は皇后襲撃の犯人の調査が思うよう進展していないことを白状します。皇帝はただ褒美を先に渡したいだけだと聞いても皇后はいまいち素直に喜べません。その晩、皇帝が蓮好を問い詰めると自白したと聞きますが、皇后は越妃の紅花を陥れるような発言が気になっていました。翌日、皇帝はタイガから皇后が求めた褒美として抱いてほしいという要求を聞き、顔を赤くして驚くのでした。

第39話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第40話のネタバレ感想

皇帝は皇后の要求を聞き取り乱しますが、抱きしめてほしいという意味かもしれないと考え始めます。それならばと、皇帝は急いで皇后宮へ向かいます。皇后は早朝に訪ねてきた皇帝に怒りますが、皇帝に約束を果たしに来たと言われ、ついにこの時がきたと興奮します。しかし、2人きりになった部屋で皇帝は両腕を開いて、抱くがいいと恥ずかしそうな表情で言い出したのでした。
第40話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第41話のネタバレ感想

皇后は幸せそうに皇帝の胸にすり寄りますが、頭を撫でられ彼が「抱く」を「ハグ」と勘違いしているのではないかと嫌な予感がします。皇帝は意識が戻って皇帝を見た瞬間から皇帝の虜だという皇后を愛おしそうに身体を密着してきます。皇后のテンションは上がりますが、皇帝はこれでよかったか?と身体を離します。皇后は心の中で童貞のバカヤローと叫ぶのでした。
第41話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第42話のネタバレ感想

抱き合う2人の姿に周りが穏やかな雰囲気に包まれる中、ホジンが険しい顔で歩き出します。皇帝は満足した気分に浸り、皇后のぬくもりを思い出しては口元が緩むのでした。一方、ホジンはサンランの元を訪れ、リンに直接話したいといいます。そんなホジンの姿にサンランはそろそろ潮時かもしれないと思います。ホジンの姿を見たリンは驚いた表情で、なぜここにいるのかと尋ねるのでした。
第42話のネタバレ詳細はこちら

皇后は体育会系!?・第43話のネタバレ感想

ホジンは陛下に追及され蓮好が自白したと言います。そして、皇后が皇帝に褒美として自分を抱いてほしいと言ったことも伝えます。サンランが皇后のことを陛下に色目を使う女ギツネと揶揄すると、リンはそれを咎めます。リンは陛下の心が誰かに移るのは当然だと言い2人を追い出します。ホジンはサンランから報酬を受け取り、皇后の監視を続けるよう命じられ満足げにその場を後にするのでした。

第43話のネタバレ詳細はこちら

『皇后は体育会系!?』のネット上の感想

タイトル

タイトル

タイトル

タイトル

タイトル

タイトル


error: Content is protected !!