ネタバレ・感想

僕と魔女についての備忘録・第4話のネタバレと感想 | ベツフラ




「ベツフラ」に掲載されている「僕と魔女についての備忘録」第4話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「僕と魔女についての備忘録」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 

僕と魔女についての備忘録・第4話のネタバレ

時間は少し遡り、魔女に魔法集会の招待状が届いた、その翌日―――。

 

渉は学校の庭に座り込んで、分厚くて難しそうな本を読みふけっていました。

その様子を窓から覗いている香代子。

予鈴が鳴り、次が異動教室であることに気が付いた渉が、慌てて校内へ入ってきます。
その拍子に香代子と肩がぶつかってしまいました。

ニコリと微笑みながらごめんねと謝ってくれる渉。
その笑顔に、香代子はちょっぴり胸がドキリとしてしまいます。

 

家に帰ると、蛍はあるスケッチを渉に読ませました。
それは時守の先代が残した「他の魔法使いたちの特徴」を記したスケッチです。
蛍は、渉にそれをすべて暗記して、魔法集会で勉強嫌いな魔女のフォローをしてやってほしいと言い出します。

一方魔女は…今までずっと魔法集会の招待を蹴り続けてきていたのですが、渉が行きたいと一言言っただけであっさりと行く気になってくれました。
自らドレスを選んで集会へと望みます。

 

そうして招待状が届いた二か月後に、渉たちはいよいよ魔法集会へと赴くことになったのです。

しかし集会へ赴くと、時守の魔女は他の魔法使いたちから嘲笑の的にされてしまいます。
クスクスと噂話をする彼ら…。
どうやら魔女は魔法使いたちの中でも異質な存在のようでした。

しかし魔女自身はそんな周りの目などおかまいなしに、まっすぐにお酒のある方へと歩いていきます。

渉も後について、とりあえずご馳走を取りにいくことに。

一行は料理をとってテーブルに腰かけ、ご馳走に舌鼓を打ちます。

すると、蛍の姿を見たある老婆が話しかけてきました。
それは火守の魔女・緋乃でした。

どうやら蛍と緋乃は先代からの顔見知りのようです。

他の魔法使いたちとの交流をほぼ断っている状態の時守の魔女は、気の利いた会話ができません。

しかしここで渉のフォローが入ります。
彼は魔女が普段使っているお気に入りのお皿は実は緋乃の作品であるということを耳打ち。

魔女はすかさず緋乃に“緋乃様の食器は美しくて丈夫で飽きない食器”だと言葉をかけます。

魔女として大先輩の緋乃の食器を普段使いしていることがバレてしまい、蛍は内心ヒヤヒヤです。

しかし緋乃はふふっと笑い出し、私たちの長い時間の中で「飽きない」というのは最高の誉め言葉だと喜んでくれました。

 

 

その後、渉が飲み物を取りにいくと…。
水守の魔女・流美と先守の魔法使い未之にちょっかいをかけられます。

なんと、時守の魔女の本当の名前を口走るように渉を誘導してきたのです。

本人以外に名前を訪ねるのは魔法会では最低のマナー違反でした…。

そのことを知っていた渉は、自分は魔女の名前を教えてもらっていないとハッキリと断ります。

ただの人の子であるにもかかわらず予想外に聡い渉に、水守の魔女は関心してしまいました。

そして、褒美として渉の願いをかなえてやると言い出し…彼に魔法をかけるのです。
その魔法とは、渉をほんの少し大人へと成長させること。
渉は、悪い魔法使いたちにちょっかいをかけられて、魔女と蛍を守れるように自分が大人の男だったらいいのに…と心の中で思っていたのです。

めめこ
めめこ
 なるほど!渉が青年の姿になっていたのはこれが原因だったんですね!

大人になった渉は、急いで魔女のもとへと戻ります。

この姿を見たら魔女はいったい何というだろう…ほんの少しのワクワクを秘めながら、彼が席へもどると…。

テーブルで料理を食べていたはずの魔女の姿が、忽然と消えていたのです―――。



 

『僕と魔女についての備忘録』の最新話を無料で読むには?!

『僕と魔女についての備忘録』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

僕と魔女についての備忘録・第4話の感想

あちゃぁ~お酒が入っていたからフラリと出かけてしまったんですかね~…。
懇親会とはいいつつ、性格の悪そうな魔法使いたちも多くいるようです。
これは油断大敵!もう遅いか…魔女さんどっか行っちゃいましたし…。

ところで渉が急に成長していたのってやっぱり魔法だったんですね。
魔女さんではなく、水守の魔女からの魔法だったみたいです。

渉はもとにもどる方法を聞き忘れるほどに大人になったことが嬉しくてたまらない様子。
急ぎ足でその姿を魔女に見せようともどるのですが…いったい魔女さんはどこへ行ってしまったのやら…。

前話ではフラフラと歩いているところを渉に発見されていましたよね。
その後ウェイターみたいな男に奥へと案内されていましたが…その奥というのが男女が抱き合ったり狼人間がいたりと何やら怪しいムードを漂わせていました…。

子供の渉にはちょっと刺激が強すぎるのでは…!?

https://manganista.net/bokutomazyonituitenobibouroku5/