ネタバレ・感想

インモラルに復讐を・第87話のネタバレと感想|comico

「comico」に掲載されている「インモラルに復讐を」第87話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

マンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると600円分のマンガが無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

インモラルに復讐を・第87話のネタバレ

なぜ会社のお金を横領していたことを知ったのか。と動揺した拓海にエレナはやっぱり。と笑います。薄々気付いていたものの、本当かどうかを確かめるためにカマをかけたのです。

ばらされたくないことがたくさんあるね。そう笑うエレナはもう別れるなんて許さない。と言い拓海にキスをし、これからも一緒ね。とにっこりとほほ笑むのでした…。

ベッドに寝ころびながら一体なぜこうなったのかを考える拓海は5年前の詩穂にプロポーズしていた瞬間を思い出します。

仕事も出来た拓海はその上に愛妻家。という肩書で実績を作り上げてきました。そう全ては自分の策略通りだったのです。詩穂は従順で自分に尽くしてくれるからこそ嫁として合格点を拓海は与えていました。

しかし詩穂が子どもを欲しがってから夫婦生活が狂い始めてしまいます。拓海は子どもなんて欲しくないし、嫌いだったからです。周りはそんな拓海たちを急かし始めました。

拓海の母にいつ子どもが出来るのか。と怒鳴られ、近所の人がもう2人も子どもが居て自慢してくる。と拓海に怒りをぶつけます。それは拓海にとってはすごく鬱陶しいセリフで、段々と腸が煮えくり返って来た拓海は子どもを欲しがっていないのは詩穂だ。と嘘をつくのでした。

その言葉に母は逆上しすぐさま詩穂に説教をしようとしますが、拓海はそれを止め、自分のために詩穂を悪者に仕立て上げたのです。詩穂のせいにすれば丸く収まり、そこから拓海に子どもの話は誰もしなくなりました。

しかしその代償に詩穂との夫婦生活は段々と上手くいかなくなっていくのです。

ある日に黒瀬から今夜相談に乗って欲しい。と言われ拓海は時間を作ることを約束します。心の中では地味だな。と思いながらもその場を立ち去る拓海。そんな拓海の後ろ姿を黒瀬エレナはにんまりと見つめていたのです…。

 

マンガを無料で読むには?!

実際のマンガを無料で今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
Amebaマンガ 無料会員登録で100冊まで50%OFFのクーポンがもらえます!さらに作品購入のたびに1%のポイントが還元されます。ポイント(コイン)購入時のコイン増量サービスも高頻度で開催。
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

インモラルに復讐を・第87話の感想

当たり前に今までエレナと拓海が出来ている。と思い込んでいたのですが。あ、まぁ出来ていたのは事実なのですが、こうやった馴れ初めを見るのは初めてだったのか。となぜか色んな意味で感動してしまいました。

エレナは子どものころから打算的ですがすがしいほどのクズなので、馴れ初めもなにも、相変わらずいつも通りのエレナなんだろうな。と思っているんですが、このまま拓海がどうやって毒牙に引っかかって行くのか少し気になります。

一体どうしてこうなった。と考えている拓海に作者さんが自分が向かって行ったんだよ。って書いてて面白かったです。間違いなくその通りすぎて(笑)

最近ちょっと拓海がかわいそうだなぁ。って心の隅にはあったんですが、やっぱり性格が終わっていたのでこのまま成敗されてください(*’ω’*)

マンガ ネタバレ
インモラルに復讐を・第88話のネタバレと感想|comico「comico」に掲載されている「インモラルに復讐を」第88話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバ...
error: Content is protected !!