ネタバレ・感想

海神の花嫁・第22話のネタバレと感想|姉系プチコミック


 
 

「姉系プチコミック」に掲載されている「海神の花嫁」第22話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「海神の花嫁」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


海神の花嫁・第22話のネタバレ

朝和の言葉を防波堤でうずくまりながら思い出す凪は、自分は騙されてしまったのかな。と落ち込みます。

朝和がずっと自分のことを好きでいてくれており、自分のために島を守っていると勝手に思い込んでいた。と反省するのです。
ずっと現実から逃げてきた自分が朝和から想い続けられているというのはあるわけないと、凪は更に小さくなります。

その時凪の目の前に蝶がヒラリと舞い降りてきました。海に向かって進んでいく蝶に朝和との思い出を重ねる凪。キラキラと水面に反射する蝶を見守りながら凪は涙を浮かべます。

そして凪は朝和への想いを心の中で唱えます。
ずっと朝和の側で、朝和の1番の味方で、一緒に島の自然を守りたかったこと。そんな願いがあるにもかかわらず、想いを伝えることが出来なかった自分が大嫌いだった。と胸をぎゅっと握ります。

胸に刺さったままの棘が抜けないのは凪の後悔でした。
諦めた振りをしながら朝和のことを信じ切れてなかった自分、そんな自分への後悔が凪への心の棘となっていたのです。

そしてまた朝和を信じて裏切られることを怯えてしまう凪、しかし凪はもう戦うと決めたのです。今度こそ弱い自分にならないように、この島を守るために強くなり、朝和を信じることを誓うのです。

朝和には朝和のやり方があって、自分にもまだ出来ることがあるから決して逃げたりしない。凪はそう海に向かって決意表明をします。

するとそこに背後から誰かがやってきます。じゃり。という砂の音ではっとし振り返る凪。
そこにいたのは凪を突き落そうとした稔でした。

稔は凪を驚かそうとしていたのです。しかしそんな稔に凪は罪悪感を覚えてしまいます。

薄着で来た稔を気遣い、自分の上着を稔にかぶせる凪。
自分はもうこの島に戻ってくることもないから、幸せでいて欲しい。そう言いながら稔を抱きしめます。

フェリーに戻る凪を見送りながら、稔は自分がまたコケにされた。と怒りに震えながら凪のくれた上着を踏みつけます

そこに現れたのは奈津乃でした。


 

『海神の花嫁』の最新話を無料で読むには?!

『海神の花嫁』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

海神の花嫁・第22話の感想

稔ひどすぎて笑った(笑)
凪がいくら去ったからって、もうちょっと見ない所で踏んづけなさいよ( ´艸`)

いいところに奈津乃が登場しましたね。
稔にGPSか隠しカメラでもつけてるのかなぁ(>_<)!

めちゃくちゃ凪は優しかったのに、稔はとことん鬼だった。
今はもう何言われても皮肉にしか聞こえないんだろうなぁ。

やっぱり誰よりも先に前向きになったのは凪でしたね。
彼女は真栄島の毒気に侵されていないのか、シンプルに研究バカなのか(笑)
いろいろと立ち直りもふっきりも早いですね。

自分にしかできないことを探す。
そう決めた凪は、朝和への想いを持ち続けながら、自分のできる範囲で真栄島のことを守ろうとしてるんですよね。

でも稔の幸せも自分にとっては大事だから、もう絶対に島には戻らないと決めて。

あぁ、切ないな。
凪だけ1人立ちしていく(笑)


error: Content is protected !!