ネタバレ・感想

サレ妻の復讐・第46話のネタバレと感想

「サレ妻の復讐~魔性の刺青~」第46話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「サレ妻の復讐~魔性の刺青~」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

ネタバレ
サレ妻の復讐・ネタバレ全話まとめ・最新話から最終回の結末までめちゃコミックで連載中の大人気コミック『サレ妻の復讐~魔性の刺青~』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『サレ妻の復讐~...

 

サレ妻の復讐~魔性の刺青~・第46話のネタバレ

病院を後にした柊哉は香蓮の出身校が有名な進学校であることを知り、自分の身の程を知ります。

いくら香蓮の夫である則弘がクズ男であると言っても、ボロボロの貧困層で育ってきた自分が香蓮に相応しい相手だというわけではないことを自覚する柊哉。

今は稼げるようにもなってきましたが、これまで自分が生きてきた道は香蓮と相反するものだったのです。

どれだけ成功を手にしても、所詮自分は野良犬。

自分は香蓮に見合う男ではなのだと柊哉は考えるのでした。

一方、事件を調べていた警察達は関係者からの事情を聴取し、まゆみの自宅に向かいます。

ゼク○ィを読みながら自分は結婚秒読みだと考えているまゆみは鼻歌を歌いご機嫌な様子。

しかし、急に来た警察が香蓮の事件について話し出すと、包丁を持ち出して威嚇し始めます。

警察がなだめても包丁を振り回すまゆみ。

公務執行妨害が取り押さえられるものの、警察の顔面に向かって包丁をかすめ、その場を逃れます。

そして包丁を自分に向け、則弘を連れてこいと要求。

則弘は私のことを愛していると言いながら、香蓮の元に言った嘘つきなのだと涙を流すまゆみ。

まゆみの錯乱した様子に、怪我をしながらもなだめる警察達。

しかし、まゆみは捕まるにしてもここで死ぬにしても絶対に則弘を道連れにしてやると強く思うのでした。

 

『サレ妻の復讐~魔性の刺青~』の最新話を無料で読むには?!

『サレ妻の復讐~魔性の刺青~』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
Amebaマンガ 無料会員登録で100冊まで最大50%OFFのクーポンがもらえます!さらに作品購入のたびに1%のポイントが還元されます。ポイント(コイン)購入時のコイン増量サービスも高頻度で開催。
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

サレ妻の復讐~魔性の刺青~・第46話の感想

柊哉、そんなこと考えなくて良いんだよ~~~泣
香蓮が一人ぼっちの時も、態度は悪いですが優しくジェントルマンに支えてきたじゃないですか泣

生まれや育ちなんて関係ない。
香蓮のクズ夫である則弘より何千倍もマシです…。マシって言うと聞こえ悪いかもしれませんが比べ物にならないくらいです。

過去に囚われていて自信が無いのでしょうか…。もっと自身持って香蓮といい感じになってほしいなと思います。

そしてまゆみ…。
怖すぎる…。

どうしてあんなクズな男に惹かれるのか、犯罪までおかして則弘と一緒になろうとする考えがわかりません…。

やはり恋していると盲目になっちゃうのでしょうね。
則弘と不倫するくらいだから元々やばいやつだったのかもしれません。

警察にも怪我させちゃうって狂気の沙汰ですね。

しかし則弘のことは私もムカついているので、まゆみには是非則弘を巻き込んで落ちていってもらいたい笑

則弘だけ助かろうなんて絶対ダメですよね…。

マンガ ネタバレ
サレ妻の復讐・第47話のネタバレと感想|めちゃコミック「めちゃコミック」に掲載されている「サレ妻の復讐」第47話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注...