JOUR

甘く濡れる嘘・第32話のネタバレと感想|JOUR

「JOUR」に掲載されている「甘く濡れる嘘」第32話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「甘く濡れる嘘」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

ネタバレ
甘く濡れる嘘・ネタバレ全話まとめ最新話から最終回の結末までJOURで連載中の大人気コミック『甘く濡れる嘘~結婚という名の復讐~』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『甘く濡れる嘘...

甘く濡れる嘘・第32話のネタバレ

母親と同じように自分は嫉妬と怒りを抑えられない醜い人間なのだと…寧史は淡々と語ります。

理英はそんな彼の話を側で座って静かに聞いています。

しかし寧史が母親をどうしても受け入れることができない…打ち明けると、理英は少し微笑みながらこう話してきたのです。

“母親を受け入れられなくてもいい…寧史にはずっと傷付いてきた自分の心を癒してあげることのほうが大事だ”

そうして少しずつ心が癒えて余裕ができたその時に、母親との確執についてもう一度向き合えばいい…そのときは自分も何か手伝えることがあれば協力する…そう話す理英の言葉はとても的確で安心感がありました。

寧史は理恵の頬を愛おしそうに撫でて彼女を引き寄せます。

 

理英には、人を受け止めて包み込む力がありました。
怒りや嫉妬を集めて煮詰めたような性格の寧史も、理恵の力によってだんだんと穏やかな感情を取り戻していったのです。

 

理英の幸せそうな寝顔を見つめる寧史。
きっと彼女は親に大切に育てられたのだろう…だからこんなにも穏やかでいられるのだろう…寧史は彼女のことが羨ましくなります。

 

 

ある時―――。
理英と寧史は二人で彼女の実家である山梨を訪れることに。

母親は笑顔で出迎えてくれ、父親も最初こそ緊張気味な顔ではあったもののすぐに寧史と打ち解けてくれました。

しかし寧史は理英の父親から、衝撃的な事実を知らされることになります…。

なんと、理英と父親は血の繋がりがない親子だったのです!
理英語は母親側の連れ子でした。
さらに本当の父親とは離婚などで別れたわけではなく、事故による死別だったのです。

そんな複雑な家庭環境の中でも、理英はまっすぐに純粋に育ちました。

理英の父は彼女のことを誇りに思っているようで、自分がこの家族に巡り合えたことを心の底から幸せだと感じていると寧史に話しています。

 

2人が家族の話をしているのを、理英は家の中から聞いていました。
まさか父親と寧史が自分の実家でこんな話をする日がくるなんて…理英は胸がいっぱいになります。

しかし彼女はこのとき考えもしていませんでした。

この後…自分が寧史に裏切られることになるなんて…。



 

『甘く濡れる嘘』の最新話を無料で読むには?!

『甘く濡れる嘘』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

甘く濡れる嘘・第32話の感想

気になる所でおわっちゃいましたね~…。
この期に及んで寧史は理英のことを裏切ってしまうんでしょうか?
やはり黒木に一泡拭かせるための道具に過ぎなかったということなのか…。
いやいやでもここ最近の寧史の様子から見ると、ただの嫉妬や復讐心から理英と付き合っているようには思えません。
裏切りにはおそらく何か理由があってのことでしょうね。
次回でその理由が明らかになるのでしょうか?

マンガ ネタバレ
甘く濡れる嘘・第33話のネタバレと感想|JOUR 「JOUR」に掲載されている「甘く濡れる嘘」第33話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっております...
error: Content is protected !!