ネタバレ・感想

墜落JKと廃人教師・第63話のネタバレと感想|花とゆめ5号




2021年2月5日発売の「花とゆめ」5号に掲載されている「墜落JKと廃人教師」第63話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「墜落JKと廃人教師」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


墜落JKと廃人教師・第63話のネタバレ

休日―――。

灰人は床に仰向けに寝転んでくつろいでいます。
その視線その先には、窓際で読書をしている扇言がいました。

“休みの日にすぐ側で好きな奴が静かに読書してるなんて、なんて穏やかなんだ…”そう言いながら窓から入る心地よい風を感じる灰人…。

しかしそんな和やかな雰囲気とは裏腹に、扇言が呼んでいる本のタイトルは『幸せな老衰死』というものでした…。

 

扇言は最近誕生日パーティーをしたせいか、「歳をとること」について考えるようになったと言います。

廃人はそんなものを読むより俺と話そうと扇言に言いますが、実はこの本は灰人の私物です。
扇言はなぜこんな本を買ったのかと灰人に質問します。

廃人は、お前も大人(独身)になればわかる…突然老後が不安になる気持ちがと答えました。

灰人の口からでる「大人の話」はいつもだいたい色褪せている内容だな…と扇言は心の中でツッコミを入れます。

灰人は生きる事に悩んでいた過去は、こういったものを買って安心感を得ようとしていたけれど…扇言と一緒になった今はこのまま行けば隣にはずっと扇言がいるから今はさほど不安を抱えていない…そう語りました。

一方で甲斐性なしと生きていくかもしれない私は不安だらけですと辛辣な返答をする扇言です…。

廃人は、動けるうちに二人でたくさん旅行して、シワシワになるまで一緒に生きて、同時に眠るようにし寝る…これこそハッピーエンドにふさわしいと言って扇言を自分に引き寄せます。

しかし扇言には一つ不安がありました。
一緒に歳をとれたとしても、10以上も歳の離れた自分たちでは…確実に灰人のほうが先に死んで自分が取り残されてしまうということです。

そうであるならばたった一人で老衰死を待つよりも、痛くてもいいからすぐに灰人の後を追いたい…扇言はそう考えていました。

灰人はそれを聞いて、自分の中に芽生えたある感情に驚きます。
こんなことを大真面目に言う日がくるとは思ってはいませんでした。
“死にたく ねーなぁ”

瞳をつぶり、幸せそうな表情でそう呟く灰人。

扇言が抱える不安は解決策があるはずもなく、抗うことができない未来です。
それなのになぜか灰人は、とても嬉しそうに死の話をするのでした。

 

扇言が帰路につくと、目の前でシルバーカーを押すおばあさんが転んでしまうのに遭遇しました。
彼女がバラまいた荷物を見ると、中に紙で折った鶴がいくつかあることに気が付きます。

おばあさんは扇言が『幸せな老衰死』の本を持っていることに気が付き、あなた若いのに老後が不安なの?と言って「長寿の御守りに」と鶴を手渡してくれます。

その鶴を見て、扇言はあることに気が付くのですが―――?



 

『墜落JKと廃人教師』の最新話を無料で読むには?!

『墜落JKと廃人教師』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

墜落JKと廃人教師・第63話の感想

なんだか雰囲気のある回でした…見入っちゃいましたね。
避けられぬことのできない死別…扇言はそれをずっと恐れているようですが、灰人のほうはとっくに受け入れられているみたい。
自分が先立つ方だからですかねー。
それともこれだけ幸せになれたんだから死んでも悔いはない的な考えでしょうか。

それはそうと扇言は一体何に気付いたのでしょうか?
鶴はどうやら折り紙ではなく、何かの書類のようなもので折られているようです。

文字が書いているのですが…なんだろう「学問内容」「学科」とかの文字が見えましたね…。
いかんせん文字が小さすぎてよくわからりませんでしたが…。

それに次回予告では「次回より新展開!」という気になるワードも発見です!
続きは3月5日発売の7号からだそうです。
次回は特に目が話せませんね~!


error: Content is protected !!