ネタバレ・感想

墜落JKと廃人教師・最新56話のネタバレと感想|花とゆめ21号



2020年10月5日発売の「花とゆめ」21号に掲載されている「墜落JKと廃人教師」第56話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「墜落JKと廃人教師」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


墜落JKと廃人教師・第56話のネタバレ

(今回も、「灰人の遺書」の続きになります。)

複雑な家庭環境の影響で、少年期の灰人には常に強い“自殺願望”がありました。
しかしそんな彼の飛び降り自殺を止めたのはスクールカウンセラーの凪 真琴(なぎ まこと)先生。

粗雑でありながらもどこか温かい彼女のカウンセリングによって、灰人はまんまと自殺を止められてしまいます。

しかもこともあろうか、真琴先生と出会ったその2年後…2人は一緒に住むようになって…!?

親戚たちは「やっかいものを追い出すいいチャンスだ」と思ったのか、2人の同居に関してしつこく反対してくることはありませんでした。

教師の家で生徒と暮らす…そんなこと本当に大丈夫なのかと灰人は疑問に思い真琴先生に質問しますが、彼女いわく「バレなきゃ大丈夫」とのこと。(バレたらヤバイということです。笑)

 

引っ越しの際にあまりにも荷物が少ない灰人。
聞けばなんと、制服以外の服を持っていないと彼は言います。

真琴先生はそんな灰人のために、携帯を買い与え、服も買ってやることにしました。

店では灰人は完全に真琴先生の着せ替え人形になっていました。
24色シャツなど派手な服ばかりを試着されそうになる灰人。

そうかと思えば真琴先生は唐突にクレープの行列に並びだしたりします。

始終むこうのペースで連れまわされる灰人は思わず溜息をつきますが、自分と一緒にいても楽しそうにしてくれている真琴先生の様子そのものは、正直悪い気はしませんでした。

しかし店先で家族ずれが仲睦まじげにしている様子を見て、“家族”に関してコンプレックスを抱く灰人は急に帰ってしまいます。

その後、心配して真琴先生が灰人に電話をかけるも、彼はこれを無視。

灰人はベンチに座り込み、これまで言われてきた他人からの言葉を思い出していました。

“あんな面倒な子”
“君が悪い”
“犯罪者の子供”

どれだけ真琴先生から安らぎをもらったとしても、自分がこの世に存在している限り、過去も事実も絶対に消えることはありません。

灰人はそれを思うと吐き気を催し、今すぐ消えたい衝動に駆られ…バスに乗り込み…。

 

鬱蒼とした森へとやってきてしまった灰人…。

静かで、暗くて、不気味で…絶対に誰もいないはずであろうこの場所。
灰人はここで餓死をするつもりです。

しかし、誰にもみつかりたくないと思って入った森の中で、灰人は唐突に黒髪の女の子に遭遇します。

うつろな瞳で小さく丸まっている女の子…。

女の子は自分の名前を…“みこと”だと紹介します。



 

墜落JKと廃人教師の最新話を無料で読むには?!

『墜落JKと廃人教師』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
31日間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

墜落JKと廃人教師・第56話の感想

なんと!扇言と灰人にはこんな出会いがあったんですね!
というかかなり重要そうなシーンなのに、漫画のほうではしっかりとギャグ要素が入ってきてボケとツッコミが混じってきます…!(笑)
シリアスなシーンのはずがなんかちょっと噴き出しちゃうような笑いもこみあげてきて…どんな気持ちで読めばいいのか迷ってしまいました…(笑)

それにしても学生時代の灰人はずいぶんとスレていたんですね。
森の中に入って餓死しようとするなんて…。
真琴先生の優しさに触れても灰人が人生に生きる価値を見出すことはできていないようです。
そうすると、灰人の自殺願望を打ち消してくれた存在というのは…もしかして真琴先生ではなく、幼き日の扇言だったのではないでしょうか!