ネタバレ・感想

墜落JKと廃人教師・第66話のネタバレと感想|花とゆめ10・11合併号


 
 

2021年4月20日発売の「花とゆめ」10・11合併号に掲載されている「墜落JKと廃人教師」第66話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「墜落JKと廃人教師」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


墜落JKと廃人教師・第66話のネタバレ

今日は球技大会です。

薫子は3年生の想い出づくりになんとか試合に出たいと考えてはいましたが、自分のドジのせいでクラスのみんなに迷惑をかけないかと心配しっぱなしでした。

扇言はそんな彼女を励ましています。

そこへ灰仁がやってきて、2人の景気付けに自分がかっこいいプレーを見せてやると言いだしてきました。
欠席した生徒の代わりにサッカーに出場する灰仁。

そういえば灰仁が球技をする姿を見たことはありませんでした。
その腕前はというと…なんと意外にもちゃんと様になっている蹴りのフォーム!

しかし盛大に空振った上に全く皆についていけていません。
ボールが来ても顔面で受け止める始末です…。

威勢よく出て行った割にあまりにも運動オンチな灰仁の姿に、薫子も扇言も言葉を失ってしまいます。

もどってきた灰仁は自分の不甲斐なさにものすごく落ち込み、逆に扇言に励まされる展開に…。

一緒にプレイしていた生徒たちがやってきて灰仁を励まそうと言葉をかけていきますが「灰仁は頑張ったよ、鬼ダサかったけど」「虚空キック」「運動オンチ」などただの悪口の嵐でした。

薫子はどうみても運動がヘタクソな灰仁が、皆から責められるどころか励まされている(?)のを目の当たりにし、失敗しても思ったより皆は温かく迎え入れてくれるのかもしれないと思い直すようになります。

灰仁よりは運動オンチではないから頑張ってみると灰仁に言い残し、薫子は去って行きました。

 

しかし扇言にはわかっていました。
灰仁がわざとヘタクソなプレイをして自分を下げて、薫子を励まそうとしたことに。

扇言は灰仁によければちょっと遊びませんかと唐突に2人きりになれる人影のないところへ彼を促します。

サッカーボールを取り合いながら話をする2人。

ボールを守り切れば扇言がイイコトをしてくれるというので灰仁は本気を出しているようです。
そのボールさばきは先ほどの試合のときとは全くの別人。

やはり灰仁は薫子のためにわざと運動オンチを演じていたようです。

そんな灰仁のことをカッコイイと思っていると扇言は照れながら話しました。

そんな話をしているうちにボールの取り合いは結局灰仁が買ってしまいます。

灰仁に壁ドンをされながら、勝ったら何でもしてくれるって言ったよねと迫られる扇言。

焦った扇言は遠くにあるボール入れにこの場所から見事ボールを入れることがでいれば言うことを聞くと言いだします。

灰仁は微笑みながら見ててと扇言を見ました。

思い切り蹴り上げたボールは運動オンチと言うには綺麗すぎる弧を描き飛んでいきます。

そしてボールは盛大にボール入れの手前で落ちたのでした。

思わず、この雰囲気で入らないんだ…とツッコミを入れる扇言です。


 

『墜落JKと廃人教師』の最新話を無料で読むには?!

『墜落JKと廃人教師 』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

墜落JKと廃人教師 ・第66話の感想

最後はしっかりとオチを作ってくれましたね、さすがです!
毎回毎回ほんとギャグセンスが秀逸すぎます。
それなのにドキっとするシーンがあったり、シリアスなシーンもあったりと…本当にこの作品は盛りだくさんで見ていて飽きません!


error: Content is protected !!