ネタバレ・感想まとめ

青に、ふれる。ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】

「月刊アクション」で連載中の大人気コミック『青に、ふれる。』のネタバレ・感想をまとめました。

このページで『青に、ふれる。』のネタバレ内容が全て網羅できちゃいます!

文字のみですが、ネタバレ注意です!


『青に、ふれる。』のネタバレ・感想一覧

めめこ
めめこ
読みたい話数をクリックすると、詳細のネタバレ・感想を読むことができます♪
1話2話3話
4話5話6話
7話8話9話
10話11話12話
13話14話15話

 



『青に、ふれる。』を無料で読めるサイトランキング

『青に、ふれる。』を絵付きで無料で読みたい!という方は電子書籍配信サイトを利用するのがおススメ♪

電子書籍配信サイトでは、初回登録が無料&漫画が無料で読めるポイントを初回でプレゼントしています!そのほか半額で読めるサイトも。

今回は月に漫画を50冊以上購入する管理人が、実際使ってみてよかったサイトをご紹介!

とても多くの方が無料登録して漫画をお得に楽しんでいるので、是非チェックしてみて下さいね!

U-NEXT

漫画好きには一番お勧めしたいサイト!アニメや映画等、動画も見放題です。

31日間無料!気に入らなかったら簡単に解約♪

 

また、登録時に600円分のポイントも貰えるので無料で600円ぶんの漫画が読めてしまいます!

管理人も5年ほど使用してて、一番オススメのサイトです笑

おすすめ度
特徴・31日間無料
・登録時600円分のポイントがもらえる
・漫画の他にも動画が14万本以上
漫画作品数約90,000冊以上
料金31日以内に解約すれば完全無料
(それ以降は月額1990円ですが、毎月1200円分のポイントプレゼント&40%ポイント還元で実質月額790円以下!)
めめこ
めめこ
今すぐ読みたい漫画があるなら1番ここがおススメ!
こんな人にオススメ!

・有名どころからマイナー作品まで無料&お得に読みたい
・漫画以外にも映画・ドラマ・書籍…とにかくたくさん楽しみたい♪
・1か月だけでいいから完全無料で楽しみたい

U-NEXT公式サイトへ

まんが王国
色々な作品を無料で読み、自分好みの漫画を探すのが好きな人におススメなサイト。
無料会員になると3000冊以上の漫画がずーと無料です(*´Д`)
基本的に月額無料でその都度漫画を安く買いたい人におススメ。月額会員コースもあり、自分のスタイルに合わせて選べるところがGOOD♪
おすすめ度
特徴・無料会員は3000冊以上が読み放題
・月額制でなくその都度購入したい人向け
・まんが王国でしか読めない作品も!
作品数無料作品3000作品以上
料金無料(有料会員は月額300円~)
こんな人にオススメ!

・作品数は少なくていいから無料で読みたい
・読みたい作品にだけお金を払いたい
・他では読めないオリジナル作品も読みたい

まんが王国公式サイトへ

ebookjapan
作品数は業界No1の500,000冊!
旧作から新作までなんでもあります!笑
漫画マニアにはおススメかも。
さらにお得なキャンペーンやクーポンも頻繁に配布しているので、普通に書店で買うよりお得。
無料漫画以外は読みたい分だけ購入するシステムです。
おすすめ度
特徴・漫画の作品数ならNo1
・無料登録で半額クーポンプレゼント!
・キャンペーンが豊富
作品数500,000冊(そのうち1000冊が無料漫画)
料金登録無料(無料漫画以外はその都度払い)
こんな人にオススメ!

・昔の名作から新作まで幅広く読みたい
・読みたい漫画だけ購入したい
・漫画以外のサービスは特に必要ない

ebookjapan公式サイトへ

 

青に、ふれる。第1話のネタバレ感想

高校生の青山瑠璃子は右目に生まれつき太田母斑と呼ばれるアザがありました。
しかし、コンプレックスは誰にでもあるという考えから、明るく前向きに高校生活を送る瑠璃子。
そんな瑠璃子が2年生になり、新任教師の神田先生に出会います。
神田先生は瑠璃子のアザを見るなり驚いた様子で…。

第1話のネタバレ詳細はこちら

青に、ふれる。第2話のネタバレ感想

神田先生は「相貌失認」という、人の顔を覚えられない症状があり、瑠璃子のアザがオーラだと感じた様子。ジッと瑠璃子の顔を見る神田に、なんだか瑠璃子は恥かしくなってしまいます。しかしその後、神田から学級日誌を預かった瑠璃子。避けていた神田と接することになってしまい…。

第2話のネタバレ詳細はこちら

青に、ふれる。第3話のネタバレ感想

瑠璃子は中学時代に学校に行けなくなり、フリースクールに通っていた時期がありました。七美とはそこで知り合い、今では大親友。そんな瑠璃子と七美はフリースクールに訪問。
フリースクールの先生が「ここのOBで今年から教師になった子が今日来る予定だ」と聞かされ、待ってみると…。

第3話のネタバレ詳細はこちら

青に、ふれる。第4話のネタバレ感想

神田先生のことが気になっている白河先生は「親睦会がある」と嘘をついて神田先生と2人きりで飲みに出かけます。まるでデートのような光景だったので、この状況を少し疑問に思う神田先生ですが、白河先生の顔が良くわからず、大きな胸を見つめてしまいます…。

第4話のネタバレ詳細はこちら

青に、ふれる。第5話のネタバレ感想

球技大会で倒れた瑠璃子を、神田先生は抱きかかえて保健室へと運びます。
意識が朦朧とする中、瑠璃子は昔、同級生の男の子に好意を寄せていたことを思い出します。
しかし、顔のアザのことで心無い暴言を吐かれてしまった悲しい思い出を思い出すのでした。

第5話のネタバレ詳細はこちら

青に、ふれる。第6話のネタバレ感想

神田先生のことが少し気になりかけている瑠璃子。
しかし、思わず自分の中にある闇を神田先生に対して出してしまった事や、白河先生と神田先生の熱愛の噂を耳にし、自暴自棄になってしまいます。
そんな時、昔瑠璃子が不登校になった原因である大橋から連絡があり…。

第6話のネタバレ詳細はこちら

青に、ふれる。第7話のネタバレ感想

大橋はずっと瑠璃子が不登校になった原因が自分の言葉にあるのではと考えており、謝るためにコンタクトを取ってきた様子。神田と接してから瑠璃子は「自分の気持ちをはっきり示す」ということを学び、「あの時とても傷ついた」と大橋に言うことが出来ます。
そんな時、大橋と一緒に居た瑠璃子の前に神田先生が偶然通りかかって…。

第7話のネタバレ詳細はこちら

青に、ふれる。第8話のネタバレ感想

文化祭の時期がやってきて、瑠璃子のクラスでは演劇をすることに決まりました。
電車の中での一件があってから、神田先生となにかと目が合う気がしてくる瑠璃子。そんな時、生徒から神田先生が「白河先生とデートなんでしょ?」とひやかされ…。

第8話のネタバレ詳細はこちら

青に、ふれる。第9話のネタバレ感想

瑠璃子の学校では文化祭にて新任教師がステージで出し物をするという伝統がありました。乗り気な神田に対して佐々木はやる気なし。そこで白河先生が「そろそろそういった伝統やめにしましょう」と助け船を出しますが…。

第9話のネタバレ詳細はこちら

青に、ふれる。第10話のネタバレ感想

文化祭のステージを前に、神田先生は生徒が仮装をしていることから、誰が誰なのかわからなくなってしまいます。精神的に参ってしまった神田の前に現れたのは瑠璃子。
瑠璃子は神田の知られざる苦悩をしり、保護者にカミングアウトしてはどうかと提案。
その親密な会話をなんと白河先生が聞いており…。

第10話のネタバレ詳細はこちら

青に、ふれる。第11話のネタバレ感想

「ズルい」というトラウマワードを白河先生から言われた神田はだんだんと体調が悪くなってきてしまいます。そんな神田を見た瑠璃子はいてもたってもいられずに神田を抱きしめます。神田を一人にしたくない…。そう思って瑠璃子は自分の気持ちを正直に吐き出しますが…。

第11話のネタバレ詳細はこちら

青に、ふれる。第12話のネタバレ感想

ついに大橋から告白される瑠璃子。いろいろ傷つけてしまったし今すぐにとは言わないという大橋の言葉を受け止め、瑠璃子は笑顔を浮かべて去っていきます。
そんな一部始終を七美に伝えると、七美には予想出来た展開だったようで…。

第12話のネタバレ詳細はこちら

青に、ふれる。第13話のネタバレ感想

大橋からの告白を断る瑠璃子。
大橋も自分は無神経だったと反省しつつ、瑠璃子の好きな人はどんな人かと問います。瑠璃子の頭の中には神田先生が浮かび上がり、思わず赤面してしまうのでした。
一方、神田先生は打ち上げで自分の症状をカミングアウトしますが…。

第13話のネタバレ詳細はこちら

青に、ふれる。第14話のネタバレ感想

白河先生は昔から容姿を褒められて生きてきました。この間参加した合コンでも、褒められるのは見た目の事ばかり。なので自分の見た目に誇りと自信を持ってきましたが、好きな人である神田先生の前では、自分の美貌は全く役に立たないことを知ります。

第14話のネタバレ詳細はこちら

青に、ふれる。第15話のネタバレ感想

白河先生に対して自分の症状を打ち明けられたと神田先生は瑠璃子に言います。
そのことに対して白河先生は「瑠璃子だから神田先生は病気を打ち明けたのだ」と呟き、瑠璃子は自分にアザがあるから特別視したのではと少し悲しくなるのでした。

第14話のネタバレ詳細はこちら

『青に、ふれる。』のネット上の感想

人生の深みを増すことが出来る漫画
いつも決まって読む漫画を読み終わったので、ついでで惰性でたまたま読んだ漫画でしたが、
自分の人生と重なる部分が多くて、共感して読むようになりました。

自分のような悩みはレアで誰もわかってくれないと思っていましたが、この漫画を読むことでレアな悩みを持つ人だらけで、悩みや気持ちをわかってくれない事が普通で、大した事ではないように感じました。
感動をさせてくれる漫画ですし、人生の後押しをしてくれるように思えます。

コンプレックスを持っていない人でも共感しやすい
漫画「青に、ふれる。」を読もうと思ったのは、表紙絵に惹かれたからでした。
自分の嫁にも「太田母斑」があるので、なんとなく惹かれてしまいました。

嫁に読ませると「気持ちがわかるだろうな」と思うシーンがいくつもあり、ヒロインはコンプレックスを前向きにとらえ、可愛く、卑屈な部分も少なかったので、コンプレックスがあまりない自分にはとても共感しやすかったですし、読みやすかったです。
コンプレックスがある人には、心が痛むストーリーになっているなと感じました。

爽やかな恋愛マンガ
タイトルの爽やかさ、絵のタッチがとても好きで、読んでいる作品です。
私のお気に入りのシーンは、美人の白河先生がイケメンの神田先生を焼き鳥屋に誘うシーンです。
美人の先生に焼き鳥屋に誘われたら親近感わいてしまうと思います。ましてや、同期の親睦会なんて嘘ついて呼び出されて、ふたりっきりなんです。
そのときの白河先生が言った、『嘘ついちゃいました』なんてセリフ言われたら惚れてしまうと思います。私はこのシーンをみてキュンキュンしました。

自分に重なる主人公と先生の関係
自分にも、生まれながらにして顔半分にアザがある女性の幼馴染みがいます。
彼女とは家が隣同士で、物心がついたときからの顔馴染み。幼稚園から高校まで同じ学校。お互いに恋愛感情は皆無。むしろ仲の良い仲間感覚です。

そんな彼女。やっぱり女性だから自分の顔にコンプレックスがあるみたいです、長い髪で顔を隠すようにしています。写真を撮られることも嫌みたいで、彼女と一緒に写っている写真はありません。
運動会や文化祭、卒業アルバムの写真も全てうつむき加減で・・でも、私は彼女の顔を見ても何の違和感もありません。だって、物心ついたときからいつも見ていたから・・

そんな私と幼馴染みの彼女の関係性が、ストーリーに出てくる顔にコンプレックスを持った女の子と、人の顔が認識できない病気を患う先生との関係が、自分に重なり、考え深いものがあります。

心に抱えたつらさをわかちあえる出会い
生まれつき顔に太田母斑という青いアザがある女子高生の青山瑠璃子が、周りに気を使われないように生きてきた気持ちが、とても切なかったです。新しい担任教師が、人の顔を判別できない相貌失認という症状を患っていることを知った時の複雑な思いが、とても丁寧に描かれていると思いました。
お互いに違うものではあるけれど、誰にも言えない、心の傷になっているものがある2人が出会ったことは、運命に導かれているように思いました。
心が痛む作品ですが惹かれてしまいます
生誰もがあるコンプレックスについて深く描かれた漫画です。
周りが気を遣う空気感や強がって周りの優しさに甘えない主人公の気持ちが切ないです。
作画がとても綺麗で人物はもちろんのこと背景なども綺麗描かれていて感動しました。登場人物の感情、表情などを描くのがとてもうまく共感してしまいます。
主人公のコンプレックスを前向きに考えながら生きていくことはほんとにすごいことなんだなと思います。
読めば読むほど話の展開が気になる漫画です。