ネタバレ・感想

デブとラブと過ちと!第6話のネタバレと感想|恋するソワレ

恋するソワレで掲載中の「デブとラブと過ちと!」第6話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「デブとラブと過ちと!」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

ネタバレ
デブとラブと過ちと!・ネタバレ全話まとめ・最新話から最終回の結末まで恋するソワレで連載中の大人気コミック『デブとラブと過ちと!』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『デブとラブと過ちと!』...

 

デブとラブと過ちと!・第6話のネタバレ

夢子と公園で話をした圭介は水を飲んで気合を入れます。
社員からは鬼副社長と言われるが、本当はチキンでプレッシャーに弱い。でも夢子と話をしていると元気をもらえると微笑む圭介。

夢子は圭介をサポートしようと一層気合が入るのでした。

 

 

会社に着くと、南の部下の谷川が訪ねてきて夢子のスマホを返します。
どうやら南は夢子の記憶喪失を疑ってスマホを盗んだそう。

めめこ
めめこ
普通に犯罪行為ですが、南は目的のためなら手段は選ばないそうです。

そして、スマホの中に谷川の隠し撮りがあったがどういうことかと聞かれる夢子。
圭介をサポートしなきゃいけないのに…今捕まるわけにはいけない!!と焦る夢子ですが、結局警察側はスマホを盗んだしおあいこということで片付けられました。

谷川は記憶喪失になる前の暗い夢子の写真を見せますが、夢子は『これは誰?』と本当に記憶喪失になっている様子。それを知った谷川は帰ろうとします。

 

その時、夢子は谷川の持っていた圭介と梨香子の密会写真を見てしまいます。
夢子は失われた記憶の中で、以前梨香子に会っているような気がするのでした…。

そして谷川が圭介達が夢子の事件と関係有ると疑っていることを知り、夢子は大激怒。
太陽のように輝いている圭介がこんな事件に絡んでいるわけがないと怒って帰ってしまいます。

その一連の流れを南に報告する谷川。

めめこ
めめこ
どうやら夢子の記憶喪失を確かめ、事件に圭介たちが関係していることを夢子に知らせたかった様子

 

 

夢子はそれから以前の自分の記憶を断片的に思い出します。

暗くて太っている自分が泣きながら圭介を盗撮していること…
昔の自分はいつも苦しんでいたこと…

私が私では無くなってしまう!!
混乱してきた夢子は公園に走り、震えます。

 

 

そんな姿を見て駆けつけた圭介は、自分も前の夢子を写真で見たことがあったけどたしかに印象は違う。
でも夢子は夢子だし、自分たちが友達なのは変わらないよと微笑みます。

忙しい合間に駆けつけて夢子を励ます圭介に、夢子はいつものスーパーポジティブな自分を取り戻すのでした。

その頃、前園の妻である梨香子は自宅で1人怯えていました。
そして、一心不乱に圭介の名前を連呼するのでした…。

 

デブとラブと過ちと!の最新話を無料で読むには?!

『デブとラブと過ちと!』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

U-NEXT

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!

FODプレミアム

2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!

music.jp

31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。

ebookjapan

無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。

まんが王国

無料会員登録OK!クーポンも無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

デブとラブと過ちと!・第6話の感想

刑事の南はとても策士な感じですね。
一体夢子が絡んでいる事件とはどんな内容だったのでしょう??

夢子と圭介の公園でのシーンがいつもほっこりするので、圭介がもし事件のことを知りつつ夢子と接しているのであればなんだかこわいですよね(´・ω・`)
アイドル顔負けの爽やかフェイスの圭介ですが、不倫もしているのでゲスなことはやっていそう。

夢子は全然気づかなさそうですし…泣

ワタシってサバサバしてるから ネタバレ 28話
デブとラブと過ちと!第7話のネタバレと感想|恋するソワレ 恋するソワレで掲載中の「デブとラブと過ちと!」第7話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっております...
error: Content is protected !!