Cheese!

恋と弾丸・第36話のネタバレと感想|Cheese6月号


 
 

2021年4月24日発売の「Cheese」6月号に掲載されている「恋と弾丸」第36話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

恋と弾丸はマイクロシリーズから発売されております。
そのため分冊版に収録される話数を想定して当サイトでは36話とさせていただいております。
ちなみにマイクロ版36話は「Cheese!6月号」では31話として収録されております。

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「恋と弾丸」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
恋と弾丸・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終話・Special Bulletまで】「Cheese!」で連載中の大人気コミック『恋と弾丸』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『恋と弾丸』のネタバレ内容が全...

 


恋と弾丸・第36話のネタバレ

中国最大組織・蛇蝎に“奴隷”として囚われてしまったユリ…!

実はユリたちが訪れた道場は、蛇蝎が上質な奴隷を手に入れるために用意した場所だったのです…。

上質な女だと思って捕らえたユリが桜夜組と繋がっていたことは、マオたちにとっては偶然の好機でした。

 

マオはユリが桜夜の恋人なのではないかと睨み、彼女の命をダシに桜夜と取引をしようとします。
蛇蝎が求めているのは、桜夜組に日本での奴隷女の調達をさせること。

さらに、マオはユリを返してほしければ他の女を引き渡すしかないと条件を出してきました。

桜夜がここで別の一般人を犠牲にユリを助け出そうとするなら、彼女が桜夜の恋人であり同時に「弱味」であることを露呈することになります。

桜夜は冷静に、取引の答えを出すのに猶予をもらいたいと申し出ました。

そこでマオが出してきたタイムリミットは一週間です。
それまでに返答がなければ、捕らえた3人を奴隷オークションに出品すると言いだします。

桜夜はその一般人女性3人に覚えはないけれど、名刺を持っている以上は桜夜組に縁を持った女性たちであることは明白なため丁重に扱うようにとマオの腕を掴んで締めました。

マオはそれに合意しますが、お兄ちゃんと力比べがしたいのか?と言うと桜夜以上の力で手を握り返してきます…。

すると組長が割って入り、マオに用が済んだのなら帰るようにと告げました。

マオは軽い身のこなしで高い塀の上へジャンプし、帰ろうとします。

去り際に組長は、マオに“伊織…お前、なんで蛇蝎に入ったんだ?”と質問を投げかけました。

めめこ
めめこ
マオの本名はどうやら伊織のようですね。

伊織は、中国に太いパイプが欲しいと望んだのは組長自身だと答え、去っていきました。

 

組長はその後、桜夜にユリを無事に助けられなければ桜夜組は終わらせると言いだしました。

桜夜組組員全員の人生をかけて、自分の恋愛の尻は自分で拭けと言い残してその場を後にします。

桜夜は組長の背中に、元よりそのつもりですと強い眼差しで答えました。

 

 

一方、目覚めたユリ。
見れば目の前にはダイヤの首輪をつけられたマイとエリナの姿が…。

鎖をもった伊織は、一週間後の奴隷オークションに3人を出品するつもりであることを告げます。

しかしここで伊織は、ユリにこんな条件を出してきました。
桜夜の恋人であるなら正直に答えるのなら、友人二人は解放してやってもいいと…。

友人たちを救うため…ユリはとうとう、自分が桜夜の恋人であることを公言してしまうのでした。


 

『恋と弾丸』の最新話を無料で読むには?!

『恋と弾丸』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

恋と弾丸・第36話の感想

ユリ…かっこいいですねぇ…。
若頭の女としての肝が座っています。

ところで伊織ですが、16歳のときに桜夜組を抜けて中国へ渡ったのは、組長の「中国に太いパイプが欲しい」という言葉だったそうです。
でも本当にそれが桜夜組を抜ける理由だったんでしょうか?
もしそうならこの帰って来方はおかしいですよね~まるで桜夜組と敵対関係になることを望んでいるかのようです。


error: Content is protected !!