JOUR

セフレの品格【シーズン18】第4話(23巻)ネタバレ・感想まとめ|JOUR2月号




2021年1月4日発売の「JOUR」2月号に掲載されている「セフレの品格」シーズン18第4話のネタバレと感想です。23巻に収録予定のものと思われます。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「セフレの品格」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
セフレの品格・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回結末まで】『JOUR』で連載中の大人気コミック『セフレの品格』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『セフレの品格』のネタバレ内容が...

セフレの品格・シーズン18第4話(23巻)ネタバレ

沙羅はゴミ置き場に向かって、真奈美からもらったベビーグッズを勢いよく投げつけます。
真奈美の放った「バチが当たった」という言葉を思い出し、否定しながら落ち着こうとします。

流産したのは私のせいではないし、真奈美は悪気無く毒を吐くので相手にしてはいけない…。沙羅は落ち着きを取り戻すのでした。

 

 

後日、大樹と過ごす沙羅。
先回りをして家事をしてくれる大樹に感謝しつつも、自分は優しくされると弱くなるから放っておいてほしいと思います。

 

翌日、ボスに子どもがダメになったと伝えた沙羅は誰よりも沢山働きます。
子供のことを考えないようにしていた沙羅ですが、帰り際、近くにいた子供に母親と間違えられて手を握られ動揺してしまいます。

精神的に弱くなっていく自分が嫌になり、沙羅は名刺をあさり、この間知り合ったホストの凌平のクラブへ行くことに。

 

笑顔で沙羅を迎えてくれた凌平は実はNo1ホスト。
話しているうちに沙羅は笑顔になりますが、人気な凌平は他のテーブルに付く時間が長く、ずっとまっていると沙羅は終電を逃してしまいます。

沙羅は凌平をホテルに誘い、嫌な過去を消すようにセックスに集中します。
翌朝、楽しかったけどもうこれっきりだとホテルを出ていく沙羅。
ホストをヤリ捨てするなんてかっこいいねと凌平はタバコをふかすのでした。

家に帰ると大樹は寝ずに沙羅を待っていました。
沙羅は他の男とホテルにいたのだと正直に言うと、気が済んだかと優しく接する大樹。

 

しかし沙羅は大樹の優しさが今は癇に障るのでした。

しばらく一人になりたいと言う沙羅。
大樹は承諾して出ていく準備をします。沙羅は自宅の鍵は持っていってと大樹を見送るのでした。



 

『セフレの品格』の最新話を無料で読むには?!

『セフレの品格』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
ebookjapan無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

セフレの品格・シーズン18第4話(23巻)感想

ここまで聞き分けのいい大樹…怖い!!
やはり大樹の中では沙羅に種を渡しただけと割り切っており、心はリナのものなのでしょうか。

沙羅と凌平ももっと深く関わるのかと思ったのですが、あっさりやって終わり…。
まあリナっぽいといえばそうですが…それともまたなんかあったりするのでしょうか。

今後の大樹と沙羅の関係性は気になりますね…!!