JOUR

セフレの品格・第13巻のネタバレと感想|抄子&一樹編・最終話




「JOUR」に掲載されている「セフレの品格」第13巻のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「セフレの品格」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
セフレの品格・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回結末まで】『JOUR』で連載中の大人気コミック『セフレの品格』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『セフレの品格』のネタバレ内容が...

セフレの品格・第13巻のネタバレ

多恵の復讐によって家に火を放たれてしまった抄子…!

熱風と炎、それから亡き華江の幻からの忠告によってようやく火事に気が付いた彼女は、一瞬何が起こっているのかわからず放心状態。
しかし消防車のサイレンの音で我に帰り、すぐに子供たちを探しますが…そういえば今日は二人とも家にはいないのでした。

抄子は外へ脱出しようとしますが、廊下にはすでに黒い煙が充満しており…。

 

タクシーに乗っていた一樹は、運転手にこの先はなんだかマズイと言われてふと顔をあげます。

見ればなんと抄子が待つ家が黒い煙に覆われているではありませんか…!

一樹は必死に弥次馬をかきわけ、抄子のもとへと急ごうとしますが、消防士に止められてしまいます。

消防士からは「やけどを負って家から出てきた女性は救急車のほうにいる」と伝えられ、それが抄子に違いないと一樹は救急車へ同行。

消防士に家の中に他に誰かいないかと尋ねられますが、今日は妻ひとりしかいないと一樹は伝え、消防士は現場の隊員たちへそれを伝えます。

救急車の中で抄子の身を案じ励まそうとする一樹…しかしそこではじめて女性の顔を確認すると…それは妻の顔ではありませんでした。

目の前で火傷を負って唸っているのは、小太りの見知らぬ女性です。

めめこ
めめこ
実はこの女性は元妻の多恵です。
あまりにも醜く太ってしまったために一樹は気が付かなかったようですね。
放火をした張本人の多恵は、自分のスカートに火が燃え移って大やけどを負ってしまったのでした。

一樹は急いで車を降りて一心不乱に家へと戻り、抄子のことを呼び続けます。

すると煙に終われた抄子が屋根の上にいるのを発見。

一樹は祥子にそこから飛べ!と言って受け止める体制をとりました。

抄子は危機一髪のところで燃え盛る家の中から脱出することに成功します。

 

結局―――家は跡形もなく丸焦げになってしまいました。
呆然とする祥子。

一樹は寝ている中でよく火事に気が付いたなと抄子に言います。
すると抄子は夢の中の華江のおかげで目覚めることができたと話しました。

焼け跡から見つかった定期券から、火を放ったのが犯人の容疑者が元妻の多恵であることが簡単に浮かび上がってきます。

一樹は救急車ではじめに運ばれたあの女性が多恵に間違いないと考えます。

祥子はなぜ自分が多恵に恨まれてしまったのか疑問に思いますが、明確な答えはでません。

めめこ
めめこ
明確な答えがあるはずもありません、なにせ多恵が凶行に至った理由は「一樹や抄子がただ幸せそうだったから」です。
いわば逆恨みですね。

 

 

病院に付き添っていた多恵の息子・大樹から、彼女の容態が安定したという知らせが一樹に入ります。

一樹は元妻の代わりに抄子に謝罪しますが、驚くことに抄子はこのことについてそれほど怒りを感じていませんでした。

抄子自身もシングルマザーで遥かを育て上げたため、同じシングルマザーである多恵に同情してしまったのです。
さらに抄子は、多恵が一樹と別れてくれたからこそ、自分は一樹と再会して関係を持つことができたのだと言って笑うのでした。

 

その後―――。
多恵は事件のせいで脳に生涯を抱えることとなり、施設暮らしになることに。

彼女は自分の息子のことも判別することができなくなってしまいました。

代わりに成人の男性を見ると誰彼構わず医院長と呼ぶようになります。

めめこ
めめこ
こんな姿になってまで一樹の父親のことだけは忘れないんですね…多恵は本気で元委員長のことを愛していたようです…。

多恵が言う「医院長」は一樹のことだろうと大樹は解釈していましたが、一樹はそれを否定します。
多恵が呼び続けているのはおそらく自分の父親のことだと話す一樹。

その言葉を聞いた大樹は、ついに自分の本当の父親は「祖父」だったのではないかと気付き始めます。

 

そのことから大樹は、自分が本当は忌み子であったのではないかと自暴自棄に陥ります。

そんな彼に喝を入れてくれるリナでしたが、彼女も彼女でいまだにミュージシャンを目指すために身体を売る仕事を続けており問題を抱えていました。

そんなある日、客として現れたのは昔ファンだったバンドのメンバー。

リナはこれをチャンスだと考え、自分の歌を聞いてほしいと願い出ます。

その後、リナは音楽関係者と引き合わせてもらうことができましたが、向こうから要求されたのは枕営業で…。

心が壊れ始めたリナの異変に真っ先に気が付いたのは大樹でした。
自分は嫁になんてもらってくれる人がいないからひとりで頑張らなければいけないと自分を追い込むリナに、大樹は自分が嫁にもらってあげるから大丈夫だと伝えます。

リナはこれを機に、身体を売ることから足を洗うのでした。

 

その後、リナは知り合ったバンドマンたちから地方ツアーの旅へと誘われます。
彼女はこれをラストチャンスだと受け取り、大樹が止めるのを振り切って旅にでてしまうのでした。

最後の夜…リナは大樹にずっと好きだったと気持ちを伝え、彼を身体を重ねました。
どんなに熱く抱き合っても、心の寂しさは埋まることがありませんでした。

 

 

一方、家を失った抄子。
一樹と同居するようになって半年が経過しようとしていました。

忙しさの中でいつからか身体のスキンシップを撮ることも激減してきている今日この頃…正直、関係がマンネリしてきています。

抄子はかつて一樹と愛し合ったあの頃を懐かしんでいました。

 

そんな折、一樹に大島の出産のヘルプの話が飛んできて、彼はそれに応じるために祥子を残して大島へと発ちます。

その後一樹からは出産の道具を忘れてきてしまったから届けてほしいという緊急メールが送信されてきました。

急いで荷物をまとめて船に乗る抄子。

しかし、実はこれは抄子を連れ出すためについた嘘だったのです。

抄子と一樹は大島にて久しぶりに2人きりの時間を楽しみます。

 

その後―――。
一樹のマンションの階下に偶然空きがでて、抄子はそこに住むことを決めます。

遊びから始まった二人の本気の恋…。
幸せに包まれながら、抄子は今日も一樹に抱かれます。

自分たちにもうセフレのプライドは必要ない―――。

何度も遠回りし、すれ違い…抄子はついに自分の幸せの形を見つけるのでした。



 

『セフレの品格』の最新話を無料で読むには?!

『セフレの品格』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
ebookjapan無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

セフレの品格・第13巻の感想

実に抄子たちらしいオリジナルな幸せの形!
世間の固定概念に捕らわれず、抄子も一樹も個々の幸せを守りつつ2人の幸せも手に入れることができました。
真似しようとして真似できるような関係ではないですよね。
2人ともなんていうか…大人すぎます!

華江やその夫もしかりですが…この作品、「普通の夫婦」が全く出てこないんですよね。
いろんなシーンで目から鱗だったし、「こんな愛し方もあるんだ」「こんな夫婦もいるんだ」と驚きの連続で、いい意味でも悪い意味でも勉強になりました。

さて、これにて証拠と一樹のストーリーは最終回を迎えることとなりましたが…実は「セフレの品格」はこれで終わりではありません。

時間からは一樹の息子・大樹にスポットを当てた真章がスタート!
楽しみですね~!

少女漫画 ネタバレ
セフレの品格・第14巻のネタバレと感想|大樹&沙羅編スタート 「JOUR」に掲載されている「セフレの品格」第14巻のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっておりますが、...