ネタバレ・感想

輝夜伝・第30話のネタバレと感想|月刊flowers11月号



2020年9月28日発売の「月刊flowers」11月号に掲載されている「輝夜伝」第30話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「輝夜伝」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


輝夜伝・第30話のネタバレ

淑景舎にて、治天の君と手を組むことになった大神がまだいることに、月詠は偵察に来たのかと喧嘩腰に話します。

まだ自分の所にあった月詠の荷物を渡すと、凄王が割り込んできました。

そして治天に御注進である大神を見て、間者としてきたなと漏らします。

大神は帝に御忠誠を尽くせと言って立ち去ろうとするところ、月詠が止めます。

一発殴らせろと言う月詠。
殺された兄の仇だと言って思い切り手を振り上げたところ、凄王に止められてしまします。

恋する女から殴られたら立ち直れないぞ…
そう言うと、月詠の代わりに大神に平手打ちをかますのでした。

 

大神が去ると、帝が参ります。
かぐやは帝とボードゲームをしますが、負けてばかりいるのが気に入らない様子。

では…と帝はサイコロの目で勝負をしようと言います。
1に近ければ帝の勝ち、6に近ければかぐやの勝ち。

もし、かぐやが勝ったら願い事をひとつ聞くと言うのでした。

結果、かぐやの圧勝。
かぐやは背比べをしたいと言って帝と柱を間に背を向けます。

この前まで自分は帝よりも年上だったと話すかぐや。
それはかぐやが月に帰る日が早くなったということ―――。

帝は、もし自分が勝った時は「月に帰らないでほしい」と願うつもりだったのです。

このまま変わらずいてほしい…
そう言うと、かぐやを優しく抱きしめます。

そんな様子を見ていた月詠と凄王でしたが、月詠は自分がなぜここにいるのかを考えていました。

宮中追放になってもおかしくない自分を引き留めてくれるかぐやに恩義は感じる。
でも、何も役にたっていない…。

すぐにでも比叡山に行きたい…
本当に兄が死んだのか確かめたい…二人で掴んだ数珠の手がかりを辿りたい…。

 

冷然院にて―――
治天は大神の報告を受け、さらに月詠について尋ねます。

自分を殴ろうとしてきたことを話す大神。
治天はその情けない顔を見て笑いだと、退屈だと言って大神に遊びを誘います。

ゲームの内容は先ほどのかぐやたちと同じ…
サイコロを振って負けた者は勝った者に自らのもつ秘密を暴露する―――

そして、勝ったのは治天。
治天はなぜ月詠はかぐやの代わりを務めていたのかと問います。

大神は眉間に皺を寄せながら、治天の不死の薬を舐めたせいで幼子に戻ってしまったのだと話すのでした。

 

夜、月詠は未だに兄のことを考えていました。

あの時なぜ兄を蘇らせられなかったのか…
今宵のような満月の夜だったらもしかしたらできたかもしれない…

そう思った月詠は庭のため池に足を入れ、満月を眺めます。

そのとき、月詠が持っていた数珠から光が…
そしてどこにもないはずの竹が舞うのでした―――。

これは兄が生きている証…?



 

輝夜伝の最新話を無料で読むには?!

『輝夜伝』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

輝夜伝・第30話の感想

なんとも切ない恋ですね…
帝がかぐやのことを心から愛しているのは伝わるのですが結ばれないなんて…
かぐやは大人に戻ったら本当に月に戻てしまうのでしょうか…

そして、月詠がもっていた数珠が光った時、きっと月詠の力が戻ったのでしょうね!
兄はうっすらと目を開けているようにも思えますが…

次回が楽しみです!