ネタバレ・感想

君を愛した10年間・第41~50話の漫画ネタバレと感想(第41話42話43話44話45話46話47話48話49話50話)


 
 

comicoに掲載されている「君を愛した10年間」第41話、42話、43話、44話、45話、46話、47話、48話、49話、50話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると漫画が600円分無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

金魚妻 ネタバレ
君を愛した10年間・ネタバレ漫画全話まとめ【最終回の結末まで】大人気コミック『君を愛した10年間』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『君を愛した10年間』のネタバレ内容が全て網羅で...

 


君を愛した10年間・第41話のネタバレ

病院にて知念の病気のことを確認した涼生は膝から崩れ落ち涙を流します。

悪い夢を見ているようだと泣きながら、新年はいつも知念に餃子を作ってあげているのに隣にはいないことが自分のせいだと自覚する涼生。

涼生が愛人と遊んでいる間、知念がいつかえってくるのかと電話をしてきてめんどくさく感じていたり、
餃子を作ろうと話してきたときにはうんざりしたり、
指輪を無くしたこともあまり重要視していなかった…

涼生は今までの自分の行動を悔やみますが、一緒にいた史也からは知念が病気じゃなくても涼生のしたことは許されないと厳しく言い放つのでした。

一方、知念は祐樹から治療を受けようと説得されますが、もう先も長くないからと拒否する知念。
祐樹は愛しているからこそ受けてほしいのだと知念を抱き寄せます。

知念はもし来世があるのなら女性になり祐樹だけを待っていると言いますが、祐樹は男性でも知念が良いと涙を流すのでした。

君を愛した10年間・第42話のネタバレ

朝、知念と祐樹のいる長野の別荘に祐樹の兄がやってきます。
知念が松原涼生の恋人であり、そんな知念を祐樹が連れ去ったおかげで祐樹の兄は涼生にしつこいくらいに時間を取られていたのでした。

祐樹の兄はそのせいで相当な機会損失をしたらしく、なぜ先の無い知念を選んだのだと怒り狂い知念を罵倒します。
祐樹はそれに傷つき兄を殴るのでした。

物音で知念がやってくると、祐樹は抱きしめます。

祐樹の兄は東京に帰れといいますが、祐樹は知念をここでゆっくりさせたいのだ。と知念を離さないのでした。

君を愛した10年間・第43話のネタバレ

涼生は高校時代の知念の夢を見て目をさまします。
なんでもするから帰ってきて欲しい…涼生は一人ベッドにうずくまってそう願うのでした。

その夜、涼生が家に帰ると男性が玄関にしゃがみこんでいました。
知念かと思って声をかけるとその男性が智貴であることに気が付きます。

涼生は知念に嫌味を言って傷つけた智貴に我慢なりません。
二度とその顔を見せるなと言ったのに!と怒り智貴に当たりたい気分で一杯でしたが、全ての原因が自分であると自覚した今、どうすることもできません。

智貴は涼生にやり直そうと近づきますが、突き放されてしまいます。
自分は知念に負けないくらい涼生のことが好きなんだ、お金や地位ではないと訴えますが涼生は呆れるばかり。

落ち着いたら話そうと涼生が言うと、智貴は嬉しそうな顔をするのでした。

また会いに行く!と智貴は微笑みながら帰りますが、帰り際に智貴は車にひかれてしまうのでした。

君を愛した10年間・第44話のネタバレ

今日は涼生と知念の共通の友人であり医者の史也の結婚式。
涼生が顔を出すと史也は嬉しそうにしますが、涼生は知念と自分からの二人分だとご祝儀を渡して疲れた顔をして帰るのでした。

一方、知念は病状が悪化しつつも治療を拒むので祐樹の別荘で看病されています。

目を覚ました知念は、自分の指輪はどこにあるのかと祐樹に聞きます。
指輪は随分前に知念が感情的になって捨てたはず…しかし知念はそれを忘れていました。

祐樹は知念の心の奥底には涼生がいて、長年一緒にいたからこそ忘れられないのではと思うのでした。

君を愛した10年間・第45話のネタバレ

知念と祐樹は別荘で絵を描いていました。
祐樹の愛犬であるジロウと遊びたいと言う知念でしたが、ジロウは雑菌だらけだからだめ。代わりに猫を連れてくる。キスしてくれたら。と言う祐樹。

知念は冗談はやめろと顔を赤らめますが、祐樹は知念の頬にキスを落とし猫を連れてくるのでした。

知念と祐樹の心の距離が近くなっているそんな時、涼生は毎夜知念の夢を見て泣きながら目をさますのでした。




君を愛した10年間・第46話のネタバレ

実は涼生は病院にて、心臓の状態が悪いと診断されていました。
知念もたった一人でこんなに心細い気分だったのだろうと思うと、胸が痛くなる涼生。

すると、マンションの管理会社から電話があり、以前録画していた防犯カメラに祐樹が写り込んでいたことを知ります。
祐樹が知念を連れ去ったのかと考えた涼生は、祐樹の車のナンバーを割り出しどこかに手配を依頼します。

2月になり、知念は祐樹が前に庭に植えていた花はいつ咲くのかとたずねます。
4月だと祐樹が答えると、自分は見れるのだろうかと静かに言う知念。

祐樹は涙を流し、知念にキスをしますが、
こんなことをして自分の首をしめないで欲しいと知念は優しく言うのでした。

君を愛した10年間・第47話のネタバレ

ある日、知念がお墓のチラシを見ていたことに気が付き、そんなことは考えるなと怒る祐希。
知念はもし涼生が自分を探しているのなら、自分の灰は涼生に渡し、慰謝料も治療費も彼に請求して欲しいと言います。

祐樹はいくら涼生にお金を渡されても知念を手放したくないと抱き寄せるのでした。

祐樹は知念のことを深く愛しすぎていると自覚します。

一方、涼生は知念と涼生のいる長野に足を踏み入れます。
同時に涼生は心臓病の薬を服用していたのでした。

君を愛した10年間・第48話のネタバレ

日に日に病状が悪化し、とうとう知念は倒れ込んでしまい、祐樹は病院に連れていきます。
知念は目をさますと祐樹の夢を見ていたと言います。

祐樹が抱き寄せると、病院は嫌だから家に帰ろうと言う知念。
しかし知念は頑なに断ります。

祐樹は心配そうな顔をしますが、
来世は祐樹のものになる、だから嬉しい顔をしてと知念は言うのでした。

君を愛した10年間・第49話のネタバレ

車で家に帰る知念と祐樹。
あと半月で知念の誕生日が来ることを知っている祐樹はプレゼントを用意していると言いますが、自分の病状に後ろ向きな知念はあまり乗り気ではないのでした。

夜。
食事もとらない知念を心配し、祐樹はベッドで2人で横になります。

祐樹が寝ようとすると抱きついてくる知念。
手が震えていたので祐樹は手を握りますが、シたくないのか?と言う知念。

僕はもうすぐいなくなってしまう、それなのにそんな僕を連れて情事もせずになにがしたいのかと知念は言います。

借りを作りたくないという知念の心境を察した祐樹は、気にし過ぎだと言ってベッドから去るのでした。

君を愛した10年間・第50話のネタバレ

朝、あれから一睡もしていない祐樹。
知念が起きてきたので祐樹は食事をとらせます。

知念をベッドに寝かせると、インターホンが鳴り響きます。

祐樹が玄関をあけると、入れてくださいと一点張りの男性が。

そう、涼生が祐樹の家を突き止めてきたのです。


 

漫画を無料で読むには?!

漫画を今すぐ無料で読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

君を愛した10年間・第41~50話の感想

話がどんどん展開していきましたね!

知念は祐樹との心の距離が近くなるのを感じますし、だんだんと祐樹に惹かれている感じがしますが、
自分の寿命が短いことを踏まえて一緒にいられないと感じている様子。

祐樹はそれでも知念と一緒に痛いほど知念を愛しているのが読んでいてわかります。

また、涼生が心臓病を患っていたのは驚きです…全く描写がなかったので。
しかし涼生は自分の体のことよりもいなくなってしまった知念のことで頭がいっぱいの様子。

あた涼生の愛人の智貴!!!
事故にあってしまった様子ですがその後、安否が描かれておらず…。

一体どうなるのでしょうか。

マンガ ネタバレ
君を愛した10年間・第51話のネタバレと感想|comico 「comico」に掲載されている「君を愛した10年間」第51話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなってお...

error: Content is protected !!