ネタバレ・感想

君を愛した10年間・第67話のネタバレと感想|comico


 
 

「comico」に掲載されている「君を愛した10年間」第67話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きでマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると漫画が600円分無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

金魚妻 ネタバレ
君を愛した10年間・ネタバレ漫画全話まとめ【最終回の結末まで】大人気コミック『君を愛した10年間』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『君を愛した10年間』のネタバレ内容が全て網羅で...

君を愛した10年間・第67話のネタバレ

涼生たちは大雪の中車を走らせ、2日かけてなんとか長野にたどり着いていました。

しかし祐樹の家を尋ねても、中から返事はありません。
涼生はかれこれ3日間、返事のないドアをノックし続けています。

山内がきっとここにはいないのだろうと話しても、涼生は据わった目つきでここにいないという情報を掴んだわけではないからここで待ち続けると頑なにその場を動こうとしませんでした。
正常な判断ができなくなっている涼生の様を見て、山内は深くため息をつきます。

 

すると遠くのほうから祐樹がキャリーバッグを持って歩いてくるのが見えました。

涼生はすかさず彼に駈け寄り、開口一番で知念の居場所を尋ねます。
どこの病院にいるのか。
知念の面倒を今見ているのは誰なのか。
必死で情報を聞き出そうとする涼生。

 

 

祐樹は視線を落としたまま、知念がすでに空に旅立ってしまったことを伝えました。
最後の瞬間は祐樹の腕の中で、少しずつゆっくりと冷たくなっていったのだそうです…。

涼生はその話を信じることができませんでした。
祐樹が知念をどこかに隠したのだと疑います。

本当のことを教えてくれさえすれば二度と知念には会わないからと雪の地面に膝をつく涼生。

祐樹は涙を流しながら、知念は一週間前に永遠に会えない人となってしまったことを告げます。
尚も知念が自分から離れるはずがないと現実を見ようとしない涼生。

祐樹はたまりかねて涼生を責め始めます。
知念をあそこまで追い詰めたのは他で涼生自身だと訴え始めました。

知念は、長野に来た時に来ていた服と200万が入ったキャッシュカードのみを残して旅立ってしまったのです。
自分で貯めたお金で自分の墓すら買えなかった知念…。

200万なんてお金、涼生は浮気相手に簡単に使ってしまうような額です。
愕然とする涼生…。

しかし直後、彼は胸のあたりを抑えて咳き込み始めます。
雪の上に真っ赤な鮮血を吐き、涼生はそのまま病院へと運ばれてしまうのでした。


漫画を無料で読むには?!

漫画を今すぐ無料で読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

君を愛した10年間・第67話の感想

事故フラグは回収ならずでしたね。
長野に向かう途中で涼生が交通事故に遭い、魂となって知念と再会を果たして一緒に天に上っていく…なんて綺麗なラストを期待していたりはしましたが…どうやら知念は一人で旅立ってしまったようです。

いきなりすぎる…。無念すぎる最後に言葉が出ません…。
涼生は本当に何もかもが手遅れでした。
誰も幸せになれない最終回しか予想ができません。

知念を一人で逝かせてしまったのだから、涼生には地獄で自らの罪を償い続けてほしいです…。

マンガ ネタバレ
君を愛した10年間・最終回68話のネタバレと結末感想|comico 「comico」に掲載されている「君を愛した10年間」最終回68話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっ...

error: Content is protected !!