ネタバレ・感想

君を愛した10年間・番外編 今野智貴(上)のネタバレと感想|comico


 
 

「comico」に掲載されている「君を愛した10年間」番外編 今野智貴(上)のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きでマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると漫画が600円分無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

金魚妻 ネタバレ
君を愛した10年間・ネタバレ漫画全話まとめ【最終回の結末まで】大人気コミック『君を愛した10年間』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『君を愛した10年間』のネタバレ内容が全て網羅で...

君を愛した10年間・番外編 今野智貴(上)のネタバレ

松原涼生に初めて出会ったのは智貴が大学3年生の時でした。
涼生は学生会の委員や学校長のたくさんの人に連れられ、建設投資プロジェクトで大学に偵察に来ていました。

そして松原涼生は智貴が今まで出会った人の中ですべてに置いて完璧な人でした。

歩いている涼生は視線を感じ、すっと智貴を見つめます。その瞬間、智貴は涼生から目線を逸らせなくなってしまいました。

そして自分でも理解しがたい、どことなく沸いてきた変な勇気で彼の車を止めたのです。車の窓をノックし、窓が開きました。そこには涼生が居ました。

自己紹介をし、連絡先を聞く智貴。そんな智貴に寒いだろう、家まで送るから車に乗ればいい。と智貴を車の中に呼び寄せたのです。

少し緊張し、膝の上でギュっと手を握りしめる智貴。そんな智貴に、もし興味があればだけど、会社にインターンにこないか。と誘う涼生。もちろん智貴が断る理由なんてありません、笑顔でハイ。と答えるのでした。

そして智貴の思惑通り、とんとん拍子に交際が進んだのです。
インターンの後に食事を共にし、酔った勢いで一夜を共にしてしまいました。

涼生にとって智貴はただ1人の存在だと思っていました。あの智貴と涼生が迎えた初めてのバレンタインデーまでは…。

せっせとたくさんの花を運ぶ山内に、誰に送るのか。と尋ねる智貴。涼生が自分で花束を作りたいからだ。と聞かされ智貴はなぜだろう。と少し不思議に思います。

しかし余り深く考えることはせず、自分のためかな。と思うのです。

休憩室の目の前で足を止め、紙袋に入った手編みのマフラーを見つめる智貴。このマフラーを受け取ったら涼生はきっと喜んでくれるはず。

彼はるんるんで涼生の後ろ姿を見つめて足を進めるのでした。


漫画を無料で読むには?!

漫画を今すぐ無料で読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

君を愛した10年間・番外編 今野智貴(上)の感想

んんん。
結局やっぱ悪いのは涼生だと思うの(笑)

連絡先を聞いて、インターンに誘うまでは私は全然なんかこう、社交辞令?っていうか、ギリギリまぁわかる。ってレベルだと思うんですよ。
車に乗せるのも全然ありだと思いますしね。

もうそのあとから2人ともずれているんだけど、そりゃ智貴はわかんないわけじゃん!?
純粋に憧れが好きに変わることって間違いなくあるしね。

止めるんはお前じゃなんかーい。って涼生に思うわけです。
まぁ最初から最後まで不誠実なやつ。としか私はえんかったんで、肩を持つとか、持たないとかそういうのもないんだけど(笑)

やっぱ手癖の悪い男はだめだなぁ。って心の底から知念と智貴に教えてあげたいですね(笑)

マンガ ネタバレ
君を愛した10年間・番外編 今野智貴(下)のネタバレと感想|comico 「comico」に掲載されている「君を愛した10年間」番外編 今野智貴(下)のネタバレと感想です。 文字のみのあら...

error: Content is protected !!