ネタバレ・感想

君を愛した10年間・第56話のネタバレと感想|comico


 
 

「マンガボックス」に掲載されている「君を愛した10年間」第56話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きでマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると漫画が600円分無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

金魚妻 ネタバレ
君を愛した10年間・ネタバレ漫画全話まとめ【最終回の結末まで】大人気コミック『君を愛した10年間』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『君を愛した10年間』のネタバレ内容が全て網羅で...

君を愛した10年間・第56話のネタバレ

知念の両親の墓前に線香を上げる涼生。
こんなことになるならきっと自分は最初から知念に近づいていなかっただろうと懺悔するように呟いています。

自分と知念が出会わなければ、きっと彼はいい医科大に合格して彼女を作り、卒業したら医者になり、限られた時間をもっと幸せに生きることができたに違いない…。
まるで自分と出会ってしまったことそのものが知念にとって不幸であったかのように語る涼生。

今は亡き知念の両親に知念を連れて行かないでくださいと、涼生は膝をついて墓前に土下座をします。
彼は自分が知念に対してしたことを一生かけても償い、償いきれなかった分は来世で必ず返して見せると泣きそうな表情で語るのでした。

 

一方で退院した知念。
祐樹は彼の身体を気遣い、毛布をかけてやります。

自分の世話を焼く祐樹がなんだか犬のように思えてしまった知念は、なんとなく彼の頭を撫でてやりました。

そんな風に誘惑なんてしてどうするつもりだと悪戯に微笑む祐樹。
犬を撫でているだけだと知念は目線を逸らします。

噛みますよと冗談を飛ばしてくる祐樹。
何気ない知念とのこんなやりとりも嬉しくてたまらないといった様子です。

上機嫌な祐樹のもとへ、涼生からメッセージが入ります。
そこには涼生が知念に合う骨髄が見つかるまで東京から帰らないつもりであることと、知念の面倒をよろしく頼むという文章が…。

祐樹はそれを見て正直煮えたぎらない気持ちでいっぱいでした。
いったいどの面を下げて知念の面倒を頼むなんて自分に言えるのか…涼生のことが全く理解できない祐樹。

祐樹は何か食べ物を持ってくると席を立ちます。

知念は祐樹に、沖縄へ発たないのかと質問をしてみました。
祐樹は背中をむけたまま、さもあたりまえのように行きませんよと答えます。

祐樹は知念を振り返り、自分のこと以外何も考えなくていいのだと微笑むのでした。


漫画を無料で読むには?!

漫画を今すぐ無料で読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

君を愛した10年間・第56話の感想

沖縄へ行こうと話していたのも結局は叶わぬ夢…絵空事の話だったということでしょうか。
実現できない妄想や空想を言い合って楽しむだけ…なんだかものすごく切ないですね。

涼生はいまでも知念の心が自分に向いているのだと確信があるのでしょうか。
祐樹の言う通り、いったいどの面さげて「面倒を頼む」だなんて言葉がでるのか…。

知念はすでに来世は祐樹と…とハッキリ口にしていますので、来世で涼生と知念が関わることはないと信じたいです。

ですが知念自身は今世をどう終わらせたいのか、涼生とは本当に会わずにおわっていいのか、そのあたりが気になります。

マンガ ネタバレ
君を愛した10年間・第57話のネタバレと感想|comico 「マンガボックス」に掲載されている「君を愛した10年間」第57話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなって...

error: Content is protected !!