Kiss

七つ屋 志のぶの宝石匣・第57話のネタバレと感想|Kiss7月号

2021年5月25日発売の「Kiss」7月号に掲載されている「七つ屋 志のぶの宝石匣」第56話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「七つ屋 志のぶの宝石匣」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

 

七つ屋 志のぶの宝石匣・第57話のネタバレ

鷹臣の姉の義父(橘家)が持つ合成ダイアが見浦銀一が売ったものだと判明。
虎徹は橘はただの被害者なのではないかと思いますが、鷹臣は橘家の書斎にいた物騒な男性はやばいネタを持っていそうだからとさらに疑います。

今でも橘は銀一と付き合いがあるのか…姉の乃和がドイツに行く前にレッドベリルの内包物を確認したいと考える2人。

その後、虎徹はカフェにて一人で考えます。
自分の家族を探すために、もう鷹臣の家族に迷惑をかけたくない、しかし自分の本当の家族に会いたいという気持ちも増していきます。

ふと、虎徹は偶然カフェに訪れた乃和に遭遇し、慌てて話をかけます。

一方、デュガリーでは男性販売員もジュエリーを付けることに。
顕定は自分が付けるのになんだか気が乗らずに外商に逃げてしまいます。

その後、顕定は若い男性向けのジュエリーラインを担当することに。
モデルは大人気俳優の緋村と乃和。そして販売員である顕定も一緒にモデルになる流れになってしまいます。

普段から一緒に遊んでいる緋村・乃和・顕定はジュエリーを付けて3人で遊んでいるいる様子をSNSにアップ。
このアットホーム感がユーザーにウケて、顕定の担当するラインは売れ行き好評に。

店舗にも客が多く訪れ、顕定のキャンペーンは大成功するのでした。

顕定が家に変えると、顕定が乃和たちと楽しそうに遊ぶSNS投稿を見る志のぶが。
見るなよと止めに入る顕定。

志のぶは今まで乃和とのツーショット写真は見てきたのにどうしてこれは駄目なのだろうかと考えた時に、
顕定は昔から浮ついたところを見られるのを極端に嫌がったことを思い出します。

同時に顕定も志のぶに、浮ついた自分を見られたくないと自覚するのでした。

その頃、橘の自宅に銀一から電話がかかってきます。
橘は最近家に泥棒が入ったのだと小話をし、話の流れで鷹臣が指輪の直しをしているときに泥棒が入ったのだと詳しく話します。

銀一は鷹臣の名前を聞いた途端に顔色が変わるのでした。



 

『七つ屋 志のぶの宝石匣』の最新話を無料で読むには?!

『七つ屋 志のぶの宝石匣』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

七つ屋 志のぶの宝石匣・第57話の感想

顕定と乃和が仲良くしているところを見て志のぶはどんな感情を抱いているのでしょうか…。
婚約者でありつつも、微妙な間柄の顕定と志のぶ。
この2人にはやくくっついてほしいな~とは思いますがそんな雰囲気微塵も感じませんね笑

本当に先が読めない…!!!

また、銀一が鷹臣のことを認識し、自体はどんどん展開していきそうですね。
そして冒頭で虎徹は乃和になんと話をしたのかも描かれていなかったので気になるところです…!!

マンガ ネタバレ
七つ屋 志のぶの宝石匣・第58話のネタバレと感想|Kiss8月号 2021年6月25日発売の「Kiss」8月号に掲載されている「七つ屋 志のぶの宝石匣」第58話のネタバレと感想です。...
全巻無料
七つ屋志のぶの宝石匣を全巻無料で読める方法を徹底解説!この記事では大人気漫画「七つ屋志のぶの宝石匣」を無料で読む方法を徹底解説! とても話題な作品となっていますが、「七つ屋志のぶの宝石...
error: Content is protected !!