ネタバレ・感想まとめ

社内探偵・最新10巻のネタバレと感想|まんが王国



「まんが王国」に掲載されている「社内探偵」第10巻のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「社内探偵」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
社内探偵・ネタバレ全巻まとめ!最新話から最終回の結末までコミックなにとぞで連載中の大人気コミック『社内探偵』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『社内探偵』のネタバレ内容が全て...

社内探偵・第10巻のネタバレ

突然舞い込んできた「若林課長の退職」の話!

久我はさっそく若林を直撃します!

 

本人に聞くと、これがただの退職ではなく「諭旨退職」であることが明らかになりました。

めめこ
めめこ
「諭旨退職」とは、言ってしまえばほぼ解雇のようなものなのですが、「自ら退職届けを出せば退職金を会社から支払ってもらえる」という会社の温情のようなものです!

理由は若林課長による“パワハラ”を何者かに告発されたのだとか…。

しかし本人には誰かにパワハラをした自覚なんてありません。
久我も若林に関しては一部の女子に対するエコヒイキは過ぎるものの、パワハラレベルの話は聞いたことがありませんでした。

明らかに何ものかの企みが伺えます。

 

しかし若林課長はこれに真っ向から対抗しようとはせず、「自分は飯田との不倫の件で一度懲戒をくらっているから仕方ない」と半ば諦めモードに入っていました。

若林がいなくなったら、飯田さんはどうなるのだと久我は単刀直入に質問します。
そう、飯田は今も若林のためにと“大奥”と呼ばれる人間関係が最悪の部署で頑張り続けているのです。

それに対して若林は、自分や飯田をこんな状況にしたのは、二人の不倫と不正昇進の事実を暴いた久我本人ではないかと責め立てます。

久我は一瞬考えますが、それでも自分の胸にある信条は「不正を見逃さない。不正をしたら処罰は当然」という正義です。

それを伝えると、若林はいつだって自分の正義だな、それで満足なら好きにしろと言い捨ててその場を去っていってしまいました。

 

帰路につく若林のスマホには、退職の話を聞いて心配した飯田から何通ものメッセージと不在着信が入っていました。

それに紛れて、妻からもメッセージが。
そこには食器を洗ってないことに対する不満の台詞と、帰ってくるな死ねという辛辣な言葉が…。

若林が暗い表情で自宅の最寄り駅から出ると、そこには何と待ち伏せていた飯田の姿がありました!

飯田は若林に退職の件について問い詰めます。

そんな彼女に若林は、自ら会社をやめると言ったこと、総務になってから自分に大切なものは本当は妻だったということに気付いたという話を始めました。
最近はよく話し合うようになり、妻との関係も良くなっていっている…自分を支えられるのは妻だけなんだと飯田を説き伏せようとする若林。

その話を聞いて飯田の瞳からは大粒の涙が零れ落ちます。

若林は放心状態の飯田を置いて、自宅へと帰っていきました―――。

めめこ
めめこ
あれ…?これって若林の本心なんですかね?
だってさきほど妻からは「死ね」とメッセージが入っていたばかりですよ…。力

久我は上のものに若林の退職をどうにかならないか掛け合おうとしますが、首を突っ込むなと一蹴されてしまいます。
加えて久我の人事の仕事を「人の真実を暴いて自分がスッキリしたいだけ」「人を不幸にしている」など言われてしまい、一瞬考え込んでしまう久我。

自分は本当は間違っているのかもしれないと考えが頭をよぎります。

しかもこの謎を追った先には、「信頼していた三屋が本当の黒幕かもしれない」という真実に行きついてしまうかもしれないのです。

久我は、迷いました。

 

そんな折、飯田が直接久我に若林の“クビ”の理由を尋ねに来ました。
飯田は山下に若林が“クビ”になった理由を尋ねられたのだと言います。

しかし若林は表向きは「退職」ということになっているはずで、その真実は「諭旨退職」です。

なぜ山下ごときの情報網で若林が“クビ”にも等しい諭旨退職になっていることが判明してしまったのか…久我は気になります。

もしかしてパワハラを告発したのは山下さんなのでは…!?
そんな疑惑が久我の中で浮上してきました。

 

さらに久我はその後、会議室で林たちに遭遇します。
彼らから「久我の人事のおかげで今はイキイキと仕事ができている」という話を聞いた久我。

その言葉に励まされ、久我は本調子を完全に取り戻すことに成功!

自分は真面目に働いている人が不利益を被るのを許すことはできない。
徹底的に調べつくし、真実を暴く。
たとえ相手が三屋部長であっても。
過去がどうあれ若林が免罪ならば見て見ぬふりはしない。

久我の眼差しは、とてもまっすぐでした。

そんな彼女は飯田へとコンタクトを取り、彼女に協力を要請します。

一方では飯田に対して、営業三課の“とある女”が「一緒に一之江課長を引きずり降ろそう」と企みの誘いをしてきていて…!?



 

社内探偵の最新話を無料で読むには?!

『社内探偵』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
31日間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

社内探偵・第10巻の感想

営業三課、通称“大奥”の頂点に立つ一之江課長…。
女性社員たちはみ~んな彼女にコビを売りまくりです。
しかしやはり彼女に対して不満を持っている社員のほうが大多数なんでしょうねぇ。

基本的に横暴で人を小馬鹿にした態度をとる一之江課長…。
仕事のみならず社員たちの服装や容姿にまで口をだす…まさにパワハラは若林じゃなくてこっちなんじゃないのって思ってしまうような感じですよね。

口では人のことを貶しまくるくせに、本人は厚化粧でちょっとだらしない体系の普通のオバサンですし…。

それはそうと、今回は若林のパワハラをでっち上げた犯人に目星がついてきましたね。
山下…なんだか抜け目ない女性だなとは思っていましたが…果たして彼女の企みとは一体?