ネタバレ・感想

社内探偵・第18話のネタバレと感想|まんが王国


 
 

「まんが王国」に掲載されている「社内探偵」第18話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「社内探偵」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

金魚妻 ネタバレ
社内探偵・ネタバレ全巻まとめ!最新話から最終回の結末までコミックなにとぞで連載中の大人気コミック『社内探偵』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『社内探偵』のネタバレ内容が全て...

 


社内探偵・第18話のネタバレ

追い詰められた久我はもはや手段を選びません。
彼女は捨て身の覚悟で三屋と会社の陰謀を暴くことを決意します!

それにあたって飯田や船堀たちに同盟解消を求める久我。
彼女は自分の捨て身の行動で飯田たちまで被害を被ることを防ごうと思ったのです。

船堀と飯田は久我の申し出にすぐに同意します。
巻き込まれたくない船堀はすぐに帰ってしまいますが、飯田は自分をいびり続けた一之江課長に一泡吹かせてやる夢を諦めたわけではないから、同盟を解消しても自分は独自に正攻法で戦い続けると宣言。

頼もしくなった飯田を見て、それだけでもこの同盟を組んだ価値は大いにあったなと久我は実感するのでした。

 

たった一人での戦いが始まった久我。
彼女はまず三屋に対して、人事部へ残りたいという気持ちをぶつけました。
しかし久我は胸の内では「三屋からの信頼を取り戻し、内側から三屋の悪事を暴こう」と考えています。
久我は三屋の手駒になったふりをして彼の悪事を暴き、それをSNSで公開するつもりです…。

しかし三屋は久我の信頼度を試すかの如く、「町上の経歴詐称」の疑惑について調べる仕事を命じてきました。
町上が久我の味方についたために三屋は彼を切り捨てようとしているのかもしれない…と久我は考えます。

久我は悩みますが、三屋からの信頼を取り戻すには彼の命令に従うしかないと、この仕事を引き受けることにしました。

 

久我はまず町上本人に経歴詐称の真意を問います。
するとなんと…町上はあっさりと経歴詐称を認めました。

しかし町上はその後不思議なことを言い出します。
なんと…三屋はすでに町上の経歴詐称のことを把握済みだと言うのです。
町上が三屋に握られていた弱み…それこそがこの経歴詐称の事実だった模様。

つまり三屋は自分が黙認していた町上の不正を再度明るみにし、彼を処分しようとしていたのです。
三屋のあまりにも都合のいいやり方に、久我は怒りを覚えます。

そしてこんな三屋の下に働くなんて無理だと判断し、彼とは真っ向から戦うしかないと作戦を練り直すことにするのでした。

 

一方で…部屋で横になったままスマホをボーッと眺めているのは…若林。
彼はSNS上で飯田が山下へ向けてあるメッセージを送っていることに気が付きました。
それを読んだ若林は、これから飯田が何をするつもりなのか察してしまい…?


 

『社内探偵』の最新話を無料で読むには?!

『社内探偵』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

社内探偵・第18話の感想

SNSで会社の不祥事を公開するつもりだなんて…久我はまさに捨て身の覚悟ですね!
こんなことをしたら三屋を失脚させることができても久我自身も会社に居場所がなくなってしまうでしょう…首は確実です…。
三屋VS久我のはずが、いつのまにか会社VS久我の図になっている気がします。
にしても飯田が本当に強かになっていて感動します。
ですが復讐の熱意があらぬ方向に発展していっていそうで…ちょっと怖いです。


error: Content is protected !!