ネタバレ・感想

デブとラブと過ちと!第8話のネタバレと感想|恋するソワレ



恋するソワレで掲載中の「デブとラブと過ちと!」第8話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

ネタバレ
デブとラブと過ちと!・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】恋するソワレで連載中の大人気コミック『デブとラブと過ちと!』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『デブとラブと過ちと!』...
絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「デブとラブと過ちと!」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 

デブとラブと過ちと!・第8話のネタバレ

翌朝、夢子は圭介に出張のお土産を渡そうと公園に行きますが、そこにいたのは圭介の秘書。

圭介は忙しくなるからしばらく会えないというということ、連絡先が書いてある手紙を受け取り夢子は大感激。

 

 

会社に着くと、玉井や同僚の茂森は夢子の出張先での交渉術を褒め称えます。
俺も頑張らないと!と話すアフロの茂森。

実は彼は同じ会社の経理の七瀬という女性に恋をしているのですが、地毛のアフロがコンプレックス。
お目当ての七瀬が好きなのは髪がサラサラな芸能人の山崎賢太だったのです。

 

困っている同僚のために、私がひと肌脱ぐわ!!と夢子は七瀬にアフロヘアをどう思う?とストレートに聞き始めます笑
意外にも七瀬は『似合っていればいいと思う』と答えます。

 

 

茂森が七瀬に恋したのは領収書の件で内線がかかってきたことがきっかけ。
七瀬のハスキーがかった声に恋をしてしまった茂森は、実際に七瀬を見てさらに好きになってしまったと言います。

夢子は七瀬のアフロに対する意見を茂森に伝えると、『似合っていれば良いんだな!!』と茂森は意気込みます。

 

 

その後、七瀬は日付が入っていない領収書を聞きに茂森のところに初めて訪れます。
しかし、出てきたのは何を勘違いしたのかチャラ男化した茂森。

めめこ
めめこ
茂森的にはブルーノ・マーズを意識したそう笑

 

 

調子に乗ってラフに話す茂森に、七瀬は『茂森さんってそんないい加減な感じだったんですね』とちょっと怒った様子。

玉砕したと感じた茂森はその後、自分のアフロを切ろうとしますが夢子がそれを止めます。
茂森は茂森のままでいい。アフロは素敵なチャームポイント。

 

 

茂森はそう言われ、勇気を出して七瀬に謝りに行きます。

内線で会話をしてからずっと好きだったことを伝えると、
実は七瀬も茂森の内線に幾度となく励まされたことがあり、どういう人なのか気になっていた様子。

めめこ
めめこ
茂森は七瀬に領収書のお店のおすすめポイントを紹介したりしていたようです。

 

 

もしよかったら、今度おすすめの居酒屋に連れてって下さいと微笑む七瀬。

夢子はそんな茂森と七瀬を見て、自分も圭介の事を勇気出して誘ってみよう!と思うのでした。



 

デブとラブと過ちと!の最新話を無料で読むには?!

『デブとラブと過ちと!』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
2週間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

デブとラブと過ちと!・第8話の感想

本当、夢子のスーパーポジティブ具合は多くの人を救いますね!笑
今回は茂森の恋愛の話でしたが、夢子の持ち前のポジティブさがよく働き、夢子が茂森と七瀬のキューピッドになったようです。

この調子で、他の病んでいる登場人物(前園や梨香子)も明るくしていって欲しいですね笑

次回は夢子が圭介をデートに誘うことに?!?!一体どうなるのでしょうか…。

 

少女漫画 ネタバレ
デブとラブと過ちと!・第9話のネタバレと感想|恋するソワレ3号 2020年3月7日発売の「恋するソワレ」3号に掲載されている「デブとラブと過ちと!」第9話のネタバレと感想です。 文字のみ...



コメントを残す

メールアドレスは表示されませんのでご安心ください。