ネタバレ・感想

サレタガワのブルー・第87話のネタバレと感想|マンガMee


 
 

「マンガMee」に掲載されている「サレタガワのブルー」第87話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「サレタガワのブルー」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
サレタガワのブルー・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回結末まで】マンガMeeで連載中の大人気コミック『サレタガワのブルー』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『サレタガワのブルー』のネ...

サレタガワのブルー・第87話のネタバレ

オシャレなカフェで遭遇した高校時代の後輩、篠崎乃愛。暢に出会えたことに感激する乃愛ですが、暢は覚えておらず、タミが校内イチ可愛いかった子だと情報を伝えます。

そして乃愛は暢に振られたことがある。と告白しますが、やはり暢は覚えていない様子です。

高校時代に、暢に一目惚れをした乃愛はラブレターを渡していました。暢は好きな人がいる。ときちんと乃愛に断りをいれたことをなんとなく思い出しました。

そして当時の彼女が亡くなったことで勝手に心配していた。と乃愛は言います。

電車の時間だと急ぐ2人に折角会えたから、という理由で商品を自分の奢りで詰める乃愛。美味しかったまた来てくれ。と笑顔で2人を見送ります。

帰りの電車で乃愛について話す2人、タミはドーナツを必死に選んでいる暢に梢か乃愛のどっちを選ぶのか。と野暮な質問をします。
梢は同志みたいな関係で、乃愛に関しては10年ぶりにあっただけであり、きっと彼氏がいる。という暢。過去の栄光にすがるのも少し違う気がする。と付け加えます。

しかしタミはいろいろ清算したからこそもっと積極的に恋愛をしていけ。と草食系男子の暢にアドバイスをするのです。

そんな暢の元には乃愛からのSNSの友達申請が届いていることを彼はまだ知りません。

たっくんを連れてのホテル1泊に充実感を覚える梢、2人で過ごしている日々は梢にとって精神的にすごく楽で、離婚前よりストレスがありません。
夫の存在がストレスだった梢はワンオペ育児でも今の方が育てやすく、2人で過ごす状況の方が楽しい。と思うのです。

離婚のネガティブなイメージのため、1歩踏み出せなかった梢は夫婦や家族の在り方を改めて考え離婚を決めたのです。
だからこそたっくんには苦労をさせず、幸せにすると誓います。

自宅に帰った梢の家のドアノブにはレジ袋がかかっていました…。


 

『サレタガワのブルー』の最新話を無料で読むには?!

『サレタガワのブルー』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

サレタガワのブルー・第87話の感想

乃愛と恋の予感!?
でも私は結構初期から梢推しなんですよね。

お互いに痛みを知ってるからこそ、きっとお互いのことをわかってあげられると思うんです。
気を遣う関係とかじゃなくて、当たり前に過ごせることが如何に大事かって知っている2人じゃないですか。だからこそ幸せになれると思うんですよね~。

まぁきっとキーパーソンは間違いなくタミくんなので、彼には頑張っていただきましょう(笑)

2人の視点では結構気になる感じで終わりましたね。
乃愛からの友達申請しかし、ドアノブのレジ袋。

これからありありと何かが起きますよ!って言うのがあからさまに描かれていてめちゃくちゃに楽しみになってきました。

頼むから幸せな日常を送らせてあげて~(笑)

マンガ ネタバレ
サレタガワのブルー・第88話のネタバレと感想|マンガMee 「マンガMee」に掲載されている「サレタガワのブルー」第88話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなってお...

error: Content is protected !!