ネタバレ・感想

執事・黒星は傅かない・3巻15話のネタバレと感想|花とゆめ5号

最新話ネタバレ

2020年2月5日発売の「花とゆめ」5号に掲載されている「執事・黒星は傅かない」第15話のネタバレと感想です。第15話は第3巻収録予定!

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「執事・黒星は傅かない」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTから読む!
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

執事・黒星は傅かない・3巻14話のネタバレと感想|花とゆめ4号花とゆめ4号に掲載されている「執事・黒星は傅かない」の第14話のネタバレ・感想をまとめました。14話は第3巻収録予定です! いじめ...

 

執事・黒星は傅かない・第15話のネタバレ

黒星は友人の鬼(きさらぎ)の店で仕事を手伝うよう頼まれたついでに飲んでいました。
どうやら紫に突如表れた許婚に嫉妬して、やや荒れている様子です。

ところで黒星と鬼は中学からの友人です。
鬼は黒星の母親である響子さんが亡くなってから、黒星のことを心配していました。

しかし当の黒星は西園寺家に引き取られ、フットマンとして働きながら住まわせてもらうことに楽しみを見出している様子で、ケロっとしていたのです。

それに幼少期の紫は黒星のとても慕っており、黒星もそれがまんざらでもない様子でした。

 

ある日のクリスマスでは、一人で過ごそうとする黒星の元へ紫はクリスマスケーキをおすそ分けしにきてくれます。

そして死んでしまった母親のことを思い出して思わず涙してしまう黒星を、子供ながらに必死に慰めようと自分のベッドに招き入れる紫に、温もりを感じた夜もありました。

黒星は紫にどんどんハマっていき、学友の誘いにもあまり乗らなくなってゆきます。

小学生になった紫は、「わたしが黒星のカノジョね」なんて可愛いことを言うようになっていました。

しかしJKとなった紫は、許婚が帰ってきた途端にSNSを気にしてチェックしたりしています…。

黒星はそのことにイラついてしまっているのです。

こんなにわかりやすく愛情表現をしているのにガンスルー、さらにちょっと前にはプロポーズめいたことまで言ったのにまったく効果なし…。

せめて紫が18歳になるまでは待とうと思っていたのですが、予想以上に余裕のない自分に嫌気が差してしまっている様子です。

 

黒星はしこたま飲んで寝入ってしまいました。
鬼は黒星のスマホを使って、紫を店に呼びつけて迎えにこさせます。

鬼と初対面の紫は丁寧に挨拶をしてきました。
鬼もニコやかに挨拶をしますが、内心では「うっわ美少女」なんて考えています。

紫の声に黒星がすぐに起き上がりました。
毅然と振舞いますが酔っ払って寝ぼけてる黒星。
紫はそんな黒星を車に乗せて連れて帰ろうとします。

去り際に鬼が、紫へ感謝の言葉を述べます。
「黒星が折れないでいられたのはきっと君のおかげ」

迎えに来てくれた礼というよりも、今まで黒星の心の支えになってくれてありがとうという意味合いの方が強いようでした。

ここで紫は、黒星のファーストネームについて質問をします。

めめこ
めめこ
えっ!?黒星のファーストネームって何なんでしょうか…。本誌では残念ながら明らかになりませんでしたが、紫はどうやら黒星のファーストネームを聞いたようですよ!

酔った黒星は、鬼とコソコソ話をする紫を抱き寄せます。

運転手はそのまま車を出しました。

一連の流れを通して鬼の目には、2人はただの両思いにしか見えませんでした。

 

執事・黒星は傅かないの最新話を無料で読むには?!

『執事・黒星は傅かない』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
31日間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

執事・黒星は傅かない・第15話の感想

黒星の紫に対する愛情と情熱の根底に何があるかが垣間見れましたね!
幼少期から紫にたいしての執着心を着実に育て続けた結果、今の黒星が出来上がったというわけですね…なんだか納得できてしまいました。笑

前回は阿蓮の幼少期と紫に対する思いが描かれていたのに対し、今回は黒星の過去と紫に対する思いが描かれていました。

2人とも紫のことが大好きなのがよくわかりましたが…果たして恋の三角関係の行方は如何に…?
阿蓮に勝機はあるのでしょうか…。



コメントを残す

メールアドレスは表示されませんのでご安心ください。