BE LOVE

星降る王国のニナ・最新21話のネタバレと感想|BELOVE7月号


 
 

2021年6月1日発売の「BELOVE」7月号に掲載されている「星降る王国のニナ」第21話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「星降る王国のニナ」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


星降る王国のニナ・第21話のネタバレ

ニナを救うべくアリーナへと乱入したセト。
悪漢をなぎ倒すも、セトの剣先は今度はニナに触れていたアズールへ向けられます!

国を背負う2人の皇子…決して交えてはならないその刃が、一触即発の大ピンチに!?

めめこ
めめこ
簡単にいうと、ニナが好きすぎてたまらないセトとアズールが、互いに「俺の女に触んな」状態の三角関係ってことですね!これは熱い~!

 

しかしガルガダ王の鶴の一声で2人は剣を納めます。
皇子はアリーナに入ってはいけないという厳しいルールがあるにもかかわらず乱入したセトにガルガダ王はご立腹。

その上私闘をけしかけるセトを、ガルガダ王は厳しく罰するよう命じました。
白の宮は今武道大会で問答無用の失格!さらにセトは皇子であるにもかかわらず、蟄居(謹慎のようなもの)を命じられてしまいます…!

 

塔の上高くに閉じ込められてしまったセト。
ニナは面会を申し出ますが、衛兵たちに阻まれてしまいます。

ヤキモキとしているニナのもとにある来客が訪れてきました。
なんとやってきたのはビドー皇子です。

アリーナでのニナやアズールの様子を見ていたビドー皇子は、ニナがアズールに対して想いを寄せていることを鋭く察したらしく…。
遊び半分なのか、ニナとアズールに一緒に街へでる機会を与えてきたのです。

王の身分を隠して使節団として訪れているアズールに拒否権はりませんでした。

道中、ビドー皇子は面白半分にニナの恋心を指摘してきます。
ニナとアズールのことを「姫と護衛の恋物語」と称してからかってきたのです。

ほんのひと時だけ2人きりで話す時間を与えてやるというビドー皇子…。

 

久方ぶりにニナとアズールは二人きりで話をします。
アズールは、フォルトナにはもう恐れるものは何もないからニナを迎えに来たのだと言いました。

その言葉に思わず涙を流すニナ。
しかし自分はフォルトナのためにガルガダで生きる人生をすでに選択してしまいました。

ニナはアズールの申し出を断り、フォルトナには帰らないと震えながら答えます。

いっそこのまま忘れられたかった。
会いに来なければ…こんなに苦しい気持ちにならなかった…。

途方もない切なさがニナの心を締め付けます。

 

その夜…第四皇子・トートは城のとある部屋で怪しげな薬品を開発中でした。
どうやら前回の舞踏大会で大重罪人のドグラをニナにけしかけたのは、このトート皇子のようです。

トート皇子はアリーナに降り立っていとも容易くドグラを亡き者にしたセトの姿を思い出していました。
トート皇子の部屋にはたくさんのセトの写真が飾られています。
どうやら彼は…セトのことを病的なほどに崇拝しているようです。

 

塔の中で謹慎中のセト。
これまでは人恋しさを感じることなんて一切なかったのに、なぜだか彼の頭の中はニナのことでいっぱいになっていました。

セトは、アズールとニナの関係を気にしているようです。

 

一方…ガルガダ王・ノアは春を待たずにフォルトナに侵攻する決意を固めたらしく…!?


 

『星降る王国のニナ』の最新話を無料で読むには?!

『星降る王国のニナ』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

星降る王国のニナ・第21話の感想

第四皇子のトートはとんだ猫かぶりみたいですね。
普段はどこかポケーッとした様子ですし、幼さゆえに周りの従者たちがあれこれ世話を焼いていてその言いなりになっている感がしますが…実はものすごく頭のキレる策士のようです。
おそらく彼はセトのことを盲信しています。
ニナを邪魔者扱いしているあたり、その執着は恋心に近いのかもしえません。
何にせよガルガダ内でニナのことを良く思っていない人物がいるのは確かです。
あまり向こう見ずに動き回ってはそれこそ命が危ないですね。

アズールから差し伸べられた手も自ら振り払ってしまったニナ…もはや己を守るのは己のみですが…。
本当のところを言うと、アズールと一緒にフォルトナに帰ってほしかったな~って感じですね。

ただセトが最近いいやつすぎて、ニナがフォルトナに帰ったら彼がめちゃくちゃ落ち込むんだろうなと考えると…うーんって感じです…。

読者の皆様はセト派、アズール派、どちらでしょうか?笑


error: Content is protected !!