ネタバレ・感想まとめ

十億のアレ。ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】


ズズズキュンで連載中の大人気コミック『十億のアレ。~吉原いちの花魁~』のネタバレ・感想をまとめました。

このページで『十億のアレ。~吉原いちの花魁~』のネタバレ内容が全て網羅できちゃいます!

文字のみですが、ネタバレ注意です!


『十億のアレ。~吉原いちの花魁~』のネタバレ・感想一覧

めめこ
めめこ
読みたい話数をクリックすると、詳細のネタバレ・感想を読むことができます♪
1話 2話 3話 4話
5話 6話 7話 8話
9話 10話 11話 12話
13話 14話 15話 16話
17話 18話 19話 20話
21話 22話 23話 24話
25話 26話 27話 28話

 


『十億のアレ。~吉原いちの花魁~』を無料で読めるサイトランキング

『十億のアレ。~吉原いちの花魁~』を絵付きで無料で読みたい!という方は電子書籍配信サイトを利用するのがおススメ♪

電子書籍配信サイトでは、初回登録が無料&漫画が無料で読めるポイントを初回でプレゼントしています!

今回は電子書籍を使いこなした管理人が、実際使ってみてよかったサイトをご紹介!
とても多くの方が無料登録して無料で漫画をお得に楽しんでいるので、是非チェックしてみて下さいね!('ω')ノ
U-NEXT
漫画好きには一番お勧めしたいサイト!
漫画はもちろん、アニメや映画等、動画も見放題です。

31日間無料!登録時に600円分のポイントも貰えるので無料で600円分の漫画が読めてしまいます!

管理人も5年ほど使用してて、一番オススメのサイトです笑
おすすめ度
特徴 ・31日間無料
登録時600円分のポイントがもらえる
・漫画の他にも動画が14万本以上
漫画作品数 約90,000冊以上
料金 31日以内に解約すれば完全無料 (それ以降は月額1990円ですが、毎月1200円分のポイントプレゼント&40%ポイント還元で実質月額790円以下!)

こんな人にオススメ!

・有名どころからマイナー作品まで無料&お得に読みたい
・漫画以外にも映画・ドラマ・書籍…とにかくたくさん楽しみたい♪
・1か月だけでいいから完全無料で楽しみたい

U-NEXT公式サイトへ
コミック.jp
ポイント還元率が電子コミック業界No1!

30日間無料おためしで、1350円分のマンガが無料!


毎月1350円分のポイントがプレゼントされるので、漫画好きにはたまりません!

さらに還元率も最大10%と、読めば読むほどお得♪
おすすめ度
特徴 ・30日間無料体験あり
無料体験時に1350円分のポイントがもらえる
・配信数国内最大級!
作品数 13万作品以上
料金 30日以内に解約すれば無料 (月額は1100円ですが毎月1350円分のポイントが付与されるので実質月額0円!)

こんな人にオススメ!

・とにかく漫画を無料で読みたい
・毎月漫画をたくさん読むほど大好き
・無料作品1000作品以上!

コミック.jp公式サイトへ
ebookjapan
作品数は業界No1の500,000冊!

旧作から新作までなんでもあります!笑 漫画マニアにはおススメかも。


さらに初回50%OFFのクーポンも!
クーポンは頻繁に配布しているので、普通に書店で買うよりお得。

無料漫画以外は読みたい分だけ購入するシステムです。
おすすめ度
特徴 ・漫画の作品数ならNo1
無料登録で半額クーポンプレゼント!
・キャンペーンが豊富
作品数 500,000冊(そのうち1000冊が無料漫画)
料金 登録無料(無料漫画以外はその都度払い)

こんな人にオススメ!

・昔の名作から新作まで幅広く読みたい
・読みたい漫画だけ購入したい
・漫画以外のサービスは特に必要ない

ebookjapan公式サイトへ

夜のあかり 全巻無料
十億のアレは全巻無料で読めるのか?zipやrarよりも安全に読む方法がこちら!この記事では大人気漫画「十億のアレ」を無料で読む方法を徹底解説! 十億のアレは現代版の吉原に花魁として身売りされた明日風の成長物語...

『十億のアレ。~吉原いちの花魁~』のネット上の感想

絵の美しさは素晴らしい作品です
先ず印象に残ったのが絵の綺麗さでしたし、登場人物がとにかく美しく描かれているのはとても印象的でした。
物語に関しては、読み始めは入り込みにくく分からない部分があり、疑問に思いながら入った感じではありましたが、この斬新な世界観には次第に引き込まれてしまうような魅力がありました。

また、恋愛も相手が次々変わっていくので展開が分からなく飽きずに読めますし、キャラクター1人1人に個性があり、その個性を消さず各キャラクターがとても引き立っているのはとても良かったです。
主人公だけでなく、もはや周りのキャラクターが主人公に負けていないですし、笑えるシーンもありストーリー展開もテンポがいいので、読みやすさがあり良かったです。

どんどん主人公が強くなってきます
最初はすごく素直で騙されやすいだろうなと思ってました。育ての親のために借金返済で風俗の仕事の飛び込んでしまって、それを本人は知らずに売られるという形で仕事を始めてすごくかわいそうに写りました。

自分のために働くのではなくて人のために働くという姿勢は素敵なのですが理由が理由なのでかわいそうでした。
しかしながら、いろんな人に騙されながら本人が強くなって吉原でトップになっていこうという気合をどんどん強くしていってそれがとても素敵だなと思いました。

また、基本的には環境に恵まれていないながらも置かれた環境で精一杯の努力と懸命さを発揮していてそこが素敵だなと思いました。
また、本人の性格が真面目で好印象になります。

男女間のすれ違いがリアルでした
男性もイケメン揃いで女性もみんな美しいですし、江戸時代の吉原遊郭が現代によみがえるという設定は斬新で良かったと思います。
物語に関しても女性の世界特有のどろどろとしたドラマのような展開もありますし、女性同士の関係や心情などもリアリティがあり上手く描かれているので感情移入もしやすく良かったです。

また、女性目線メインではありますが、女性だけでなく男性からの視点も上手く描かれているので、男女間の感性のすれ違いやギャップなど、日常生活にも繋がる部分があり読んでいて共感できました。

この入り乱れるような感情の変化に高低差は先の展開が全く読めないので、どんどん続きが読みたくなり、気になって仕方なくなるような魅力があります。

困難に見舞われる少女の繊細で美しい生き様
『十億のアレ。』を読んで、「吉原で生き抜こうとする明日風」と「吉原の人間関係」が特に魅力的だと思いました。

まず、吉原で生き抜こうとする明日風についてです。現代に大勢の女性たちが男性たちに身体を捧げていく吉原がよみがえった中で、恋愛すら分からない明日風が男性たちによってピンチに陥れられながら、家族のために吉原でたくましく生きようとしていくところに勇気づけられながら切なさも感じて読んでいました。

次に、吉原の人間関係についてです。
吉原で、明日風が一緒に吉原で働く女性たちと、時に嫉妬が絡んだ争いに巻き込まれながら、友情を育んだり師となる存在を見つけたりしていくという関係性がどう築かれていくのか、ワクワクしながら読んでいました。

個人的には面白い作品だと思います。
先月からこちらの漫画を読んでおります。

じぶんは吉原や飛田など遊郭に関することが昔から大好きであり、映画では「大奥」なども拝見をさせていただきました。

時代は現在でありますが、タイムスリップをすれば、このような漫画の世界になるのではないかと個人的には思っております。
主人公の女性が儀父母に捨てられて、こちらの遊郭で頂点を目指すという自分からすれば月並みな設定だと思っておりますが、その過程の上で、人が抱く愛情や憎しみ、嫉妬といった感情などもしっかりと描かれており、先の展開なども非常に気になることがありました。

そして絵のデザインがほんとうに綺麗であり、個人的には好みであるので、全体的に見て素晴らしい作品であると思っております。

色んな女の子の強さと切なさを感じれる恋愛漫画
とりあえず絵がきれいなので読んでみました!登場人物が若い人だろうが年配だろうがみーんな見事に美男美女だらけなので不快なく読めます。笑

主人公は最初はちょっとイライラしてしまうような凄く子供〜な感じの子なんですが(性格が)そんな子が、だんだん成長していくのが、見ていて切ないようなでも応援してあげたい、幸せになってほしいな〜と思えるような漫画です。

この漫画は主人公の周りにいる人達がみんな魅力的なのも良いと思います。
特に女性達は見た目だけではなく中身が芯があって強くて美しくて憧れてしまうような方ばかり。

そしてこれは男性もですが、みんな何かを抱えながらもそれを出さないようにして働いている…それを主人公もだんだんと知って大人になっていきます。

その中で恋愛要素もあるんですがこれがまた切ない…これから主人公がどうなるか最後まで見逃せないです。

現代版吉原へのタイムスリップワールド
「十億のアレ」を読んでみて思ったのは、主人公の性格が純真無垢なのに、義理の父母に売られて環境が変わったら性格まで変わり、吉原で一流の花魁として上り詰めていくという設定にもかなり無理があると感じました。
現代版吉原へのタイムスリップワールドな世界ですが、江戸時代だからこそ花魁の魅力が引き立つのであり家庭の事情でその世界で働かざるを得ないという遊女の悲しみが魅力となるのだと思いました。

時代錯誤な内容の中で、読みながらあまり感情が入りませんでしたが、たった一つ良かったなと思うところは主人公の人柄や生真面目な正確に共感が持てました。

また、漫画の絵柄も綺麗で美男美女が織りなす恋愛?模様は、華やかで嫌な現実を忘れさせてくれました。

現代にもし吉原が蘇ったらと、考察の深い作品『十億のアレ。』
江戸時代において最大の風俗産業だった吉原遊郭が現代に蘇ったと、そんな設定で始まる「十億のアレ。」は、大金で人生を買われてしまう女達の性産業に翻弄されていく男と女の情事を現代的に表現し、演出した作品とも言えます。

ヒロイン明日風は一言で言うなれば世間知らずであり、多感な感情を持たずに、粛々としながらに吉原の世界へと身を置く事となります。

男と一夜を共にする事が、どれだけに重く、またどれだけに軽いのかと、性を売る仕事の本質を学びながら、吉原という世界で自分の居場所を見つけていく、そんなしたたかな生き方をしていく事を前向きに受け入れ、時に抗いながらも、己の意志で答えを見出していく、そんな明日風の強さが見どころとなる作品です。


error: Content is protected !!