ネタバレ・感想

暁のヨナ・最新199話のネタバレと感想|花とゆめ23号




2020年11月5日発売の「花とゆめ」23号に掲載されている「暁のヨナ」第199話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「暁のヨナ」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


暁のヨナ・第199話のネタバレ

好戦的な南戒の使者たちを豊富な知識と詭弁な態度で圧倒するヨナ姫…!

普通ならば使者たちに激怒されてもおかしくない状況だというのに、それどころか会談は完全にヨナを中心に進められていきます。

何かにつけて高華国に非があるような物言いをしてくる南戒の使者でしたが、ヨナは戒高公法に則って審議すればどちらに非があるか明らかになると言い出しました。

戒高公法…それはジュナム王時代の初期に定められた百項目にも及ぶ規範のことです。
難解な項目も多いこの規範をヨナが把握していることに驚くケイシュク。

一方で南戒の使者はこの規範について詳しく知らないらしく、ろくに言い返すことができていません。

代わりに彼らは議題とは別の話題を繰り出してきます。
その話題とは…四龍についてでした。

南戒では四龍と呼ばれる化け物が戦場に現れ、恐ろしい怪力や空を飛ぶ力を使って赤い髪の王と共に勝利をもたらすという噂が立っているのだそうです。

その様はまるで人間兵器だと…。

使者たちはヨナの髪が赤いことからこの話を思い出したと言い出します。

これに答えたのはケイシュクでした。
四龍はいかにも我が国の誇る田セスの戦士であり、高華国の王が有する勝利の象徴だと説明します。

しかし南戒はこれに異を唱えてきたのです。
何を証拠に支流を高華国の物だと言っているのか、と…。

神話の時代では戒帝国も高華国も一つの巨大な国であった。
戒帝国にも四龍にまつわる伝説は残っていると言い出したのです。

めめこ
めめこ
要するに四龍を有する権利は南戒にもあるぞ、と難癖をつけてきているわけです。

しかしヨナはこれを巧みな切り返しで説き伏せてしまいます。

好戦的な他国の使者をことごとく黙らせてしまうほどのヨナの貫禄に、正直ケイシュクは驚きを隠せませんでした。

 

ふと見ると、南戒の使者の一人・ランタンという男性の具合が悪い様子です。

それに気が付いたヨナはすぐに駆け寄り、彼の具合を尋ねます。

ランタンはすぐに席を外しますと立ち上がるのですが、その直後に嘔吐してしまいヨナの着物を汚してしまいました。

慌てて謝罪するランタンですが、ヨナはそんなこと気にせずに彼を介抱しようとします。

 

別室へ移り薬茶を飲ませ、ヨナの介抱のおかげかランタンはすぐに調子を取り戻しました。

そして彼女の人間性を見出したランタンは、南戒に落ちる黒い影について語りだします。

北戒の政党なる皇帝への忠義を忘れ…。
貴族は腐敗。
民を虐げる圧政。
人身売買や麻薬…。

ランタンは自国の腐敗に疲れきっていました。

ヨナは自分にできることは少ないけれどランタンの話は忘れないといって彼の言葉に耳を傾けてくれます。

ランタンの表情には笑顔がもどり、彼はこのまま快方へへ向かうと思われたのですが…。

なんと翌日、ランタンは息絶えてしまったのです。

死因は、毒殺

しかも残りの南戒の使者たちは、彼を毒殺した犯人は介抱をしたヨナだと言いがかりをつけてきて…!?

そう、これこそが南戒の目論み。
ランタンは城に入る前から、彼らによって遅効性の毒を盛られていたのでした…。

南戒の使者たちはヨナを鬼のような姫だと罵倒し、これを南戒への宣戦布告とみなすと声を荒げます。

戦が始まる危機―――。

ヨナが南戒からの使者を毒殺したという噂は、城内に広まり、四龍やハクたちの耳にも聞き及ぶことになり…。




 

暁のヨナの最新話を無料で読むには?!

『暁のヨナ』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
31日間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

暁のヨナ・第199話の感想

南戒の使者たちは最初からこれが狙いだったんですね。
戦を始める口実作りのために城内へと入ってきたようです。

向こうがその気なのであれば、もし一ランタンの件がどうにかなっていたとしても…他のこじつけで戦をふっかけられていたことでしょう。
南戒との戦争は避けて通れぬ道なのかもしれません。

北戒は南戒のこういった暴挙には完全にノータッチなんですかね?
正当な皇帝がいるのは北戒のほうなので…北のほうから何か口出しがあれば南戒もそれを聞かないわけにはいかないと思うのですが…うーんどうなんでしょう。

麻薬に人身売買…落ちるところまで落ち、目的のためなら仲間をも簡単に毒殺する南戒の人間たち…。
果たしてヨナはこの戦を止めることができるのでしょうか…?