ネタバレ・感想

復讐の皇后・第59話のネタバレと感想|comico

「comico」に掲載されている「復讐の皇后」第59話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「復讐の皇后」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

ネタバレ
復讐の皇后・ネタバレ全話まとめ・最新話から最終回の結末まで・韓国語版先読み!comicoで連載中の大人気コミック『復讐の皇后』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『復讐の皇后』のネタバレ内...

 

復讐の皇后・第59話のネタバレ

大きな問題ではないけれど独断で処理できそうもない問題だったので…ペトロニラにそう切り出してきた執事。
話の内容はジャニュアリーの奢侈品による支出についてです。

聞けば上半期の予算に対して支出額があまりに大きく、執事の権限では扱うことが非常に難しい問題にまでなってしまっているのだとか。

ペトロニラはそのことについて公爵殿下はどのように考えているのかと疑問に思いますが、彼はジャニュアリーの浪費については寛大すぎる心を持っているようです。

あぁ…と納得してしまうペトロニラ。

2人がそんな会話をしていると、なんとそこにジャニュアリー本人が息子を共に現れます。

ペトロニラに朗らかに挨拶をする彼女は、今日はどういう用件でここに来たのかと尋ねてきました。

この質問には代わりに執事が答えます。
自分がペトロニラをここへ呼んだ…内容についてはそこまで説明する必要がありませんとジャニュアリーに対してハッキリと物申す執事。

するとジャニュアリーは挨拶をして二人の前から去っていきました。

再び二人きりになったペトロニラと執事は、引き続きジャニュアリーの浪費癖について話をします。

もともと公爵夫人はジャニュアリーの贅沢を誰よりも嫌っており、普段から彼女をけん制していました。

しかしややこしいのが、ジャニュアリーの金遣いの粗さを廻って公爵殿下と夫人が激しく対立をしていたのです。

ペトロニラはそれを聞いて、この執事が折衷案を求めているのだと察します。

ペトロニラは3日以内に答えを出すと言って、いったん馬車で帰ることにしました。

 

帰りの馬車の中から遠くを見つめると、そこには息子と微笑ましく戯れるジャニュアリーの姿がありました。

あまりにもあどけなく幸せそうな2人の姿に、ペトロニラは思わずフフッと笑みをこぼします。

しかし直後に笑ってしまった自分にハッと気付き、項垂れて憂鬱そうな顔をするのでした。

 

『復讐の皇后』の最新話を無料で読むには?!

『復讐の皇后』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
Amebaマンガ 無料会員登録で100冊まで最大50%OFFのクーポンがもらえます!さらに作品購入のたびに1%のポイントが還元されます。ポイント(コイン)購入時のコイン増量サービスも高頻度で開催。
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

復讐の皇后・第59話の感想

ペトロニラ同様、不覚にもジャニュアリー親子の微笑ましい様子に思わず口元が緩んでしまいました。
ペトロニラのあの笑みは純粋に2人の様子を微笑ましくおもったからでしょうか?
妹が子供を持てない身体であり、尚且つそれを理由に皇后で選ばれたという隠された事実を思い出して…表情が暗くなったのかもしれませんね。
あれは妹たちには手に入れることができない幸せなのだと実感してしまったのかも…。
もしそうだとするとやはりペトロニラには過去の記憶があるということになりますよね~。

問題になるほどの浪費とのことですがジャニュアリーは一体何にそんなにお金を浸かっているんでしょうね。
奢侈品(ぜいたく品)の出費だという話ですが、本当にジャニュアリー一人の浪費なのかも気になるところです。