ネタバレ・感想

復讐の皇后・第54話のネタバレと感想|comico




comicoで連載されている「復讐の皇后」第54話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると漫画が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
復讐の皇后・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】comicoで連載中の大人気コミック『復讐の皇后』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『復讐の皇后』のネタバレ内...

 


復讐の皇后・第54話のネタバレ

ローズモンドはそのままどこかへ歩いていきます。玄関に向かっているような感じがするので、今は出発できないと侍女は焦りますが、ローズモンドが向かっていたのは、地下室のような部屋でした。

ローズモンドからここで休むよう言われ、入った部屋を見ると、埃まみれで荒れ果て、とても令嬢が過ごしていたとは思えないような汚い部屋に驚きを隠せません。
ローズから絶対に人をいれないでほしいとだけ言われました。部屋に入ったローズモンドは、座り込むと、苦しみに耐えるかのように顔を手に埋めました。

パトリィツァは、ルシオとローズモンドの出会いについて尋ねました。ルシオはローズモンドの抱えている過去を話し始めます。

 

ローズの実母は身売りの仕事をする女性で、一晩を一緒に過ごしたデロウ男爵との間にできてしまったのがローズモンドでした。
幼いころは母と2人幸せに暮らしていたのですが、ある日、嫉妬に狂ったデロウ男爵夫人がローズの実母を殺してしまったのです。

 

 

その後、ローズモンドは売春婦の娘としてデロウ男爵家に引き取られます。当時10歳だった彼女は、そんな場所でも生きるしかなかったのですが、彼女が成長するにつれて腹違いの兄が醜悪な目でローズを見るようになってきます。

結局、その兄はローズモンドを無理矢理に犯してしまいました。
そんな状況のなか、部屋の扉の隙間から男爵夫人と目が合い、ローズモンドは必死に助けを求めましたが、夫人は何をしてくれず立ち去ってしまいます。

ことが終わったローズモンドは、正気を失って呆然としますが、その日から復讐計画は始まっていたのです。

 

 

翌朝、書面へのサインを催促するローズモンドに対して、男爵たちはサインするのであれば、今までかかった養育費を支払えと言ってきます。
ローズモンドはその言葉に心底うんざりしました。

あんなに苦しんだ幼少期が、こんなお金であっさり済んでしまったのです。
もっと早くに言ってくれさえすればあれほど苦しまなくて良かったのにと悔しく思ったのか、立ち去るときに兄について両親へ尋ねました。

そして妹を襲った異常者の兄と両親へ向かって、長生きするよう嘲笑いながら言います。



 

漫画を無料で読むには?!

『復讐の皇后』はcomicoでしか読むことが出来ませんが、それ以外の漫画を今すぐ無料で読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

復讐の皇后・第54話の感想

性的虐待とは、女性にとって大きな心の傷になっていることは間違いないでしょう。絵のタッチからして、デロウ男爵からの性的暴力かと思いましたが、兄のほうだったのですね。
考えるだけで背筋が凍るほど、ローズモンドの過去はとても同情しますが、皇后になる必要性はまだ分かりませんでした。

そもそも以前の話で、奪うほうが面白いと言っていましたし・・・。奪うならデロウ男爵家から奪えば良いのに、殺し屋を雇えるなら皇后陛下ではなく、デロウ男爵家を標的にすればいいのに、と思っているのは私だけではないはずです。
パトリィツァの家族とのつながりも見えてこないし、早く物語が進んでほしい一心です。

気になるネタバレの続きはこちら(‘ω’)ノ


error: Content is protected !!