ネタバレ・感想

復讐の皇后・第20話のネタバレと感想|comico




comicoで連載されている「復讐の皇后」第20話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると漫画が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 ネタバレ
復讐の皇后・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】comicoで連載中の大人気コミック『復讐の皇后』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『復讐の皇后』のネタバレ内...

 


復讐の皇后・第20話のネタバレ

グラーラより、昨夜皇帝陛下とパトリツィアが共に皇后宮にいたことを聞いたローズモンド。皇帝陛下はパトリツィアを叱りに行っていると思っていたため、余計に怒りが抑えられません。

ローズモンドは勢いそのままに皇后宮へ乗り込もうとします。

グラーラは昨日の今日でこのような真似をするのはあまりにも無礼であり、また昨晩のこともパトリツィアにはなんの落ち度もないといいます。しかしローズモンドは必死に止めるグラーラを振り切って、皇后宮へ向かおうとするのでした。

 

パトリツィアは目を覚ますと、皇帝陛下の様子について問います。ミルヤは、皇帝陛下は明け方に目を覚ましたあとそのまま中央宮へ帰ったと伝えます。

 

時間は戻って早朝のこと。
皇帝陛下はミルヤに昨夜のことを問います。そして自分がパトリツィアに連れられてきた事を知ると、申し訳なさそうに謝るのでした。

ミルヤは皇帝陛下にとってローズモンドが特別な方であることを、侍女として仕えていた亡き母に聞いて知っているといいます。

そして自分には皇帝陛下のローズモンドに対する思いを諫めることはできないけれど、今は少しパトリツィアにも目を向けてほしいと伝えます。

 

皇帝陛下はすでに寵愛を期待するなと約束してしまったため、すでに手遅れだといいます。そしてなによりローズモンドを捨てることは自分を否定することと同じだといい、パトリツィアへの謝罪を口にして帰っていくのでした。

朝食を摂ろうとしていたパトリツィアの元に、怒り心頭のローズモンドがやってきます。
侍女のグラーラが青ざめるほどの喧嘩口調で嫌味を口にしたあと、昨晩皇帝陛下と一緒だったのかとパトリツィアを問い詰めるのでした。



 

漫画を無料で読むには?!

『復讐の皇后』はcomicoでしか読むことが出来ませんが、それ以外の漫画を今すぐ無料で読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

復讐の皇后・第20話の感想

ローズモンドにとって皇帝陛下からの寵愛は唯一の武器だから、それが失われてしまうと焦ったんですね。そもそもローズモンドが禁忌に触れる企みを実行しなければ、少なくともこんなことにはなってなかっただろうに。

ローズモンドは全部パトリツィアのせいだ!みたいにしているけれど、これもう完全にローズモンドの自業自得ですよね。。
パトリツィアが争いはやめにしようって言ってるんだから、ローズモンドも素直に受け入れてほしいもんです。

パトリツィアや侍女のグラーラにもこのような行動は自粛すべきだと言われているのに、本当に自粛しなくちゃいけない理由がわかっていなそうなローズモンド。前回も思ったけれど、グラーラにはちょっと心が痛くなりますね。。

気になるネタバレの続きはこちら(‘ω’)ノ



error: Content is protected !!