ネタバレ・感想

復讐の皇后・第49話のネタバレと感想|comico




comicoで連載されている「復讐の皇后」第49話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると漫画が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 ネタバレ
復讐の皇后・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】comicoで連載中の大人気コミック『復讐の皇后』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『復讐の皇后』のネタバレ内...

 


復讐の皇后・第49話のネタバレ

パトリィツァはルシオの言葉に驚きます。自分のことが嫌だろうからと言って、部屋を出ようとしますが、好きだから行くなと懇願するルシオ。

そんなルシオの言葉に天を仰ぎ、考えます。ルシオの『好き』という言葉が偽りの言葉というのは分かるのだけれども、これほどまでに精神的に病んでしまった原因が気になるのです。

それを知る日が来るなんて思ってもいないし、この状況を煩わしくも感じますが、震える手で必死にドレスを掴み離そうとしないルシオの姿を見ると、放っておくこともできません。どこにも行かないとルシオに声をかけ、その場にしゃがみ込みました。

 

そんなパトリィツァの言葉にルシオはどこか安堵の表情を浮かべます。
パトリィツァが、一人残されるのが嫌なのではないかと問うも、ルシオは答えません。

いつまでここにいれば良いのかと尋ね直すと、ルシオはパトリィツァの手を強く握りしめます。
そして震えながらもパトリィツァの手を離そうとせず、横たわりました。そんな幼い子供のような姿を見ては、パトリィツァも放ってはおけず、ダメだと分かっていながらも眠気に勝てず、一緒に横になり、眠りゆくのでした。

 

後日、パトリィツァは政務にあたっていました。
パトリィツァの部屋を出たミルヤは、パトリッツァがいつまでのあの夜のことを教えてくれないとぼやきます。すると真後ろにラファエラがいて、その独り言を聞いていました。

あの夜、あの部屋から先に出てきたのはルシオでした。憔悴しきった顔のルシオは、ミルヤたちにパトリィツァを頼むとだけ言い残して、その場を去っていきました。
部屋のなかには、床に横たわって眠るパトリィツァの姿がありました。

 

ミルヤとラファエラはすぐにパトリィツァに駆け寄ります。
そんななか、ルシオはどこか切なそうにパトリィツァを見ていたのを、ラファエラは目撃していました。

 

その後、中央宮の侍女たちから頭を下げられ、他言しないように言われことをラファエラは不思議に思っていました。
そんな話をミルヤとラファエラがしていると、ペトロニラに通りがかります。ラファエラは咄嗟に隠そうとしますが、ミルヤがペトロニラに全てを話しました。

その話を聞いて何かを考え込むペトロニラ。
ラファエラに心当たりがあるのかと問われ、不思議なことがあるのだなあと思ったと言うのでした。



 

漫画を無料で読むには?!

『復讐の皇后』はcomicoでしか読むことが出来ませんが、それ以外の漫画を今すぐ無料で読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

復讐の皇后・第49話の感想

前話の『行くな』から、胸キュン展開に進んでいくのかと思いきや、そんなルシオの言葉にため息をついたり、一刻も早く自分の部屋に戻りたいと考えているパトリィツァが、なんだかかっこよく見えました。
何があったのか気になるのは、決してルシオのためではなく、自分たち家族の運命を握るキーになるからだという考えなのでしょう。

1話目から話がブレないというか、あくまでも皇帝は前世でパトリィツァたちを処刑台に送った人であることが、きちんと背景に描かれているように感じます。
それでも一緒に寝てしまうというのは、パトリィツァ自身が、今の皇帝にそうした脅威を感じていないという現れのような気もしました。

気になるネタバレの続きはこちら(‘ω’)ノ



error: Content is protected !!