ネタバレ・感想

復讐の皇后・第43話のネタバレと感想|comico

comicoで連載されている「復讐の皇后」第43話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると漫画が無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

ネタバレ
復讐の皇后・ネタバレ全話まとめ・最新話から最終回の結末まで・韓国語版先読み!comicoで連載中の大人気コミック『復讐の皇后』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『復讐の皇后』のネタバレ内...

 

復讐の皇后・第43話のネタバレ

ローズモンドはルシオのもとに訪れていました。話があって来たというローズモンドは、ルシオの胸に顔を擦り寄せます。
デロウ男爵に会うために領地へ行くことと伝えると、ルシオはローズモンドの肩を抱き寄せて、何かされたのかと心配そうに問いかけます。

親権放棄に同意してもらうだけだと言うローズモンドですが、ルシオはどういうことかさっぱり分かりません。
ローズモンドは、エフレニー公の養女になることを明かします。

今の一度もそんな望みを言ったことがないため、ルシオは驚きました。

ローズモンドは上手く誤魔化すため、暗殺の容疑をかけられたことがショックだったのだと言います。

さらに濡れ衣をきせて処刑しようとした皇后もその貴族たちも恐ろしかったと同情を誘います。
そんななか救いの手を差し伸べてくれたのがエフレニー公でエフレニー公から直々に娘になってほしいと言われたので、断る理由もなかったのだとルシオに伝えました。

ルシオはどことなく戸惑っていますが、ローズモンドに反対することはしませんでした。そしてローズモンドからのキスに応えます。

ローズモンドが去ったあと、ローズモンドとエフレニー公が同じ目をしていたと感じたルシオ。
彼は、ローズモンドを審議しているときに苦しんでいた皇后を横で見て、ローズモンドがしたことを認めざるを得ないとは思っていたのです。

しかし、ルシオにとってローズモンドは生命を支える柱なのです。
だからこそ、ローズモンドが自分を騙していたとしても、それが正義なのか悪なのかは関係ないと捉えてしまうのでした。

そしてローズモンドの悪の仮面を否定することはできず、自分の期待違いだったと責めました。

一方、ペトロニラはというと、急に止まった馬車と衝突しそうになっていただけでした。
お互いの執事同士が言い合いを始めたので、ペトロニラは外に出て仲裁に入ります。すると相手の馬車に乗っていた若い男も出てきて、無礼を詫びました。
ペトロニラは日暮れが近づいていることに気づき、先を急ごうと、別れの挨拶を交わします。

そんなペトロニラの姿に、その若い男は惚れ惚れとし、名前を聞けば良かったと後悔していました。



 

漫画を無料で読むには?!

『復讐の皇后』はcomicoでしか読むことが出来ませんが、それ以外の漫画を今すぐ無料で読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

復讐の皇后・第43話の感想

あの若い男は誰なのでしょう。ペトロニラに惚れてしまったということは、こちらの強い味方になってくれるような人物であると願いたいです。
ルシオに関しては一体どうなっているのかという疑問でいっぱいです。ローズモンドに、エフレニー公と同じような雰囲気を感じたのに、キスができるなんて・・・。所詮、男は男ってことなんですね。

ルシオの回想のなかのローズモンドも裸体でしたしね(汗)こんなにもローズモンドの悪事が色々と明らかになっているのに関わらず、ローズを自らの生命と言える気持ちが逆にすごいです。
ローズは太陽でも水でも風でもなく、光を閉ざし真っ暗闇にしてしまう曇だと私は思いました。

気になるネタバレの続きはこちら(‘ω’)ノ

error: Content is protected !!