ネタバレ・感想

鬼獄の夜・最新102話のネタバレと感想|マンガMee



「マンガMee」に掲載されている「鬼獄の夜」第102話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「鬼獄の夜」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
鬼獄の夜・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】マンガMeeで連載中の大人気コミック『鬼獄の夜』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『鬼獄の夜』のネタバレ内容が全て網羅...

 


鬼獄の夜・第102話のネタバレ

紫へと屈服してしまった美空…。
しかしそんな彼女の前にまるで救世主のごとく現れたのは、灰原でした!

 

美空は突然の灰原の登場に目を丸くして驚きます。
そんな彼女に灰原は遅くなりました、また一人で辛い思いをさせてしまいましたねと声をかけてきました。

灰原はほんの少し微笑みながら、怖かったですねと美空を宥めます。

美空はその言葉にやっと反応することができました。
怖い…怖いといえば確かについ先ほどまで灰原を失うことが怖くて仕方ありませんでした。
しかし灰原の顔を見たら、“まだ負けるわけにはいかない”という気持ちが心の底から溢れてきます。

美空思わず涙を流しますが、大丈夫、灰原をずっと待っていた言ってと涙を拭いました。

 

そこへ水を差すように入ってきたのは紫。
灰原を見つめ、本当にいつも良いタイミングで来るよねと嫌味のような言葉を吐きます。

そして不敵な笑みを浮かべながら、でもお呼びじゃないんだよと言って美空の頭をガシッと掴み、彼女を床へと押さえつける紫…。
美空はたった今、恭平の死を目の当たりにして自分に屈服したのだと紫は告げます。

この状況で一体お前に何ができる?と紫は余裕の表情です。

そう、紫のいう通り、現状は形勢が逆転したわけではありませんでした。
目の前の紫と鷹介を相手にするのは灰原一人では骨が折れます。

 

ですが灰原は動揺していませんでした。

冷静にも彼は、紫にもうこんなことはやめましょうと持ちかけてきたのです。

そしていくら大量の人間を犠牲にしたとしても顔無し鬼の延命は不可能ですと告げてきます。

この言葉に紫は顔色を変えました。

この宗教団体を作り上げたのは、顔無鬼の寿命を少しでも延命させるのが目的…灰原は紫の企てについて話し始めます。
そしてその企てには間違いがあるとも指摘。

 

紫は、灰原に僕の何が間違っているのか聞かせてよと狂気じみた笑みを浮かべています。

灰原の口元が僅かに緩みました。

果たして灰原の作戦とは…?



 

鬼獄の夜の最新話を無料で読むには?!

『鬼獄の夜』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイトはこちら

31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
31日間無料でお試しで、1300円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

鬼獄の夜・第102話の感想

どうやら紫の目的は顔無し鬼の寿命の延長で間違いないようです。
あの宗教団体はそれを成し遂げるために生贄を集めるためのものだったということですね。

あの顔無し鬼にもまさか寿命があったとは…。
しかもどうやらその寿命がじきに迫っているという状況のようです。
これは顔無し鬼の大きな弱点とも言えるでしょう。
絶望の中、ここにきて僅かな希望の光が見えてきたわけです。
やっぱりまだ諦めるのは早かった!

紫の企てが暴かれた今、灰原は一体どのようにして美空を救い出すつもりなのでしょうか。
「今やっていることは無意味だからもうやめましょう」なんて口先だけで言ったとしても紫が素直にその言葉を信じるわけがありませんよね。
灰原にもそのことはわかっているはず。
ということは彼には更に他の作戦があるということですよね…それは一体何なのでしょうか。

少女漫画 ネタバレ
鬼獄の夜・第103話のネタバレと感想|マンガMee 「マンガMee」に掲載されている「鬼獄の夜」第103話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっておりますが...