ネタバレ・感想

鬼獄の夜 ・第151話のネタバレと感想|マンガMee

「マンガMee」に掲載されている「鬼獄の夜 」第151話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

マンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると600円分のマンガが無料で読めちゃいます!

無料でマンガを読む

31日以内の解約で完全無料!

 

鬼獄の夜 ・第151話のネタバレ

捕まえた「目だらけ」を利用して、因縁の鬼をおびき出す作戦に出た陰斗。
しかしどういうわけか、「目だらけ」を餌にしても例の鬼は一向に姿を現しませんでした。
それどころか他の鬼たちもひと月以上姿を現わさなくなってしまい…。

計画が思うように進まず苛立つ陰斗。
部下たちの中には、疲れで倒れるものもでてきました。

陰斗は無念ながらも一旦は皆を休ませることにし、自分も自室で横になることにします。
横になりながらも頭は例の鬼のことで一杯の陰斗です。

あの鬼は、ちょうど10年前にもこの屋敷に現れました。
“もしかしたら奴は、10年周期でこの屋敷にだけ現れる鬼なのかもしれない…しかしそうだとしてもその理由は一体何なのか…。”陰斗は考えを巡らせます。

すると彼に忍び寄る一つの影がヌッと姿を現します…!

陰斗がぎょっとして飛び起きると、そこにいたのは何やら不気味な笑みを浮かべて嬉しそうな桔梗の姿が…。
“陰斗が会いに来てくれないから会いに来た、今日はとても大事な人を一緒に連れてきた。”と頬を染めながら話出す桔梗。

彼女は陰斗の手を取りそれを自らのお腹へとあてがいます。
そして、”お腹に子ができました。“と陰斗に嬉々として報告するのでした。

それを聞いた途端、陰斗は血相を変えて”なぜここに来たのだ。と桔梗を問い詰めます。
そして”彼女をすぐに大納言の屋敷に戻す。”と言い出しました。

陰斗の屋敷には、一か月前に女を惨いやり方で犯し殺した鬼が出たばかりです。
そんな場所に桔梗と自分の子がいるなんて、陰斗にとってはこれほど危険なことはありませんでした。

しかし桔梗は陰斗の気持ちを理解できません。
ここに鬼が出たとしても自分と子だけを守ってくれればいいだけの話なのに、陰斗はそれができないと言っているのだと被害妄想を膨らませます。

陰斗に自分だけを見てほしくて子を孕んだはずなのに、子を孕んだせいで反対に陰斗から二度と自分の屋敷へ来るなと告げられてしまった桔梗。
彼女はその顔を憎悪の表情に歪ませます…。

そして陰斗の話を理解したふりをし、一度は大人しく大納言の屋敷へ変えるというのですが…。
陰斗と抱き合いながらも桔梗は恐ろしく不気味な笑みを浮かべており…。

その直後、「目だらけ」が北の山に向かって一斉に鳴きだしたという知らせが陰斗の元に入ってきて…!?

 

マンガを無料で読むには?!

実際のマンガを無料で今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
Amebaマンガ 無料会員登録で100冊まで最大50%OFFのクーポンがもらえます!さらに作品購入のたびに1%のポイントが還元されます。ポイント(コイン)購入時のコイン増量サービスも高頻度で開催。
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
コミスト 無料会員登録OK!期間限定話題の作品が無料で読める!
めめこ
めめこ
該当作品が配信停止されている場合もありますので、一度お確かめになってからご利用ください!

鬼獄の夜 ・第151話の感想

北の山で何が起きるというんでしょうか。
もしかして例の鬼が出現…?そうすると10年に1度現れるという陰斗の推測ははずれることになりますね。

ところで桔梗ですが…鬼よりもこっちのほうが怖い気がしてしまいます。
陰斗はなぜこんな女性を妻にしたのでしょうか…。

マンガ ネタバレ
鬼獄の夜 ・第152話のネタバレと感想|マンガMee「マンガMee」に掲載されている「鬼獄の夜 」第152話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意...