ネタバレ・感想

鬼獄の夜・第132話のネタバレと感想|マンガMee


 

「マンガMee」に掲載されている「鬼獄の夜」第132話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「鬼獄の夜」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
鬼獄の夜・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】マンガMeeで連載中の大人気コミック『鬼獄の夜』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『鬼獄の夜』のネタバレ内容が全て網羅...

 


鬼獄の夜・第132話のネタバレ

海の見える美しい教会―――。
家族や友人たちに祝福されながらの結婚式。

タキシード姿に身を包む鷹介と、プリンセスラインのドレスを来た牡丹。
幸せそうな2人が互いに愛を誓う…死が2人を分かつまでずっと一緒に…と…。

 

それがずっとずっと牡丹が見てきた夢、理想の未来でした。

 

しかし実際の牡丹が今身に纏っているのは、赤黒い血に染まった粗末な着物です。
死んでからも鷹介は自分の一部。そう言いながら狂乱した牡丹はエリカの肉体を鉈でいたぶり続けていました。

しかし切り刻まれすぎたエリカの身体は徐々に再生が追い付かなくなっています。

このままでは本当にエリカが死んでしまう。
もしそうなれば、呪いを断ち切る術が失われ…さらに呪いは牡丹に乗り移り彼女は永遠にこの地に縛られることに…。

それだけは何としても防ぎたい美空。
必死に牡丹を説得しようとしますが、美空の声は牡丹の耳に届きません。

牡丹は容赦なくエリカを八つ裂きにしながら、鷹介へ語り掛けていました。

牡丹はもはや痛みも苦しみも感じなくなっています。
あるのは得も言えぬ幸福感だけです。

鷹介と一つになれた鷹介の仇をこの手で亡き者にできる牡丹は喜びのあまり、幻覚と幻聴が聞こえるようになっていきます。

牡丹に見えているのはそれは自分たちを祝福する讃美歌と、降り注ぐフラワーシャワーです。

牡丹はひときわ高く腕を振りかざし、エリカを両断しようとします。
これが初めての鷹介との共同作業。この女を殺そう丹はそう言って鉈を振りかざしました!

しかし鉈はエリカには当たらず、割って入ってきた美空の腕に振り下ろされます。

美空は身を挺することによって牡丹の正気を取り戻させ、彼女を説得しようと試みたのです。

お願いだから牡丹ちゃんを私に助けさせてほしい。それが晴馬の最後の願いだ。と涙ながらに訴える美空。

しかし、美空の必死の訴えも牡丹には届きませんでした。

牡丹は美空に、なんで美空お姉ちゃんは祝福してくれないのかと座った目で尋ねてきます。

さらに、喜んでくれないなら仕方ない…美空ごと殺しちゃおうそう言って再び牡丹は鉈を振りかざしてきます!

しあkしその直後、牡丹の腕でビキッと音がして、彼女の腕が本来曲がるべき方向とは逆の方向に曲がってしまい…!?


 

『鬼獄の夜』の最新話を無料で読むには?!

『鬼獄の夜』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

鬼獄の夜・第132話の感想

エリカの血に肉体が耐えられずにガタが来てしまった感じでしょうか。
もともと牡丹はそんなに身体が丈夫なわけではないですからね。
ここで牡丹がちゃんと美空の話を聞いてくれてきちんと味方として動いてくれるのであれば、話は早かったのに…。
牡丹としてもそのほうが鷹介の無念を本当の意味で晴らすことができたはずなのですが。
復讐と憎悪と悲しみに支配された牡丹の心は、もはや彼女自身でも制御できなくなっているんでしょうね…。

マンガ ネタバレ
鬼獄の夜・第133話のネタバレと感想|マンガMee 「マンガMee」に掲載されている「鬼獄の夜」第133話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっておりますが...

error: Content is protected !!