ネタバレ・感想

鬼獄の夜・第129話のネタバレと感想|マンガMee


 
 

「マンガMee」に掲載されている「鬼獄の夜」第129話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「鬼獄の夜」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

 


鬼獄の夜・第129話のネタバレ

化け物と化したエリカの相手を務めるは恭平!
エリカの支配から逃れるためにとった作戦は目隠しをすることでした!

視界を失った恭平の代わりに彼の目となってエリカの攻撃予測をするのは灰原の努めです。

暴れまわるエリカの攻撃をは見事な連携でかわします。

恭平はエリカを抑え攻撃をかわしながら、彼女をあるポイントへと誘導していました。

それは、入口付近の岩崩れが起きていた場所です。

めめこ
めめこ
なるほど…!美空たちはここでエリカを生き埋めにして血を手に入れようとしているわけですね!
落ちてきた岩がエリカの身体を拘束する形になるので、比較的安全に彼女の血を手に入れることができます!

しかしエリカは鋭い爪で恭平の腹部を攻撃…!
さらによろめいた恭平に、頭上からのしっぽ攻撃をしかけてきました!

灰原が回避の指示を出しますが、間に合いません。

すると恭平はエリカの両腕を引っ掴み、渾身の力でその巨体を背負い投げ…!

エリカを無理やりポイントへと叩きつけました!

同時に恭平は“今だ!やれ良太郎!”と灰原の名前を呼んで合図をします。

待ち構えていた灰原と美空は、頭上から大きな岩をてこの原理で真下で横たわるエリカ目掛けて落としました。

いくつもの石がエリカ目掛けて落ちていきます。

作戦は…成功です!
エリカは沈黙しました。
ですがおそらく今のエリカがこの攻撃で死に至ることはありません。
それでも確実に大怪我を負わすことができるはずです。

美空の読み通り、岩の隙間からドロっとした血液が流れ始めました。

美空は鏡を持って走り出し、鏡の面をエリカの血溜まりに浸しすぐにもどってきます。
鏡にはうっすらと隠された文字が浮かび上がってきました。
これが完全に浮かび上がれば灰原が呪いを解読し、2年間の柴家との因縁に決着をつけることができます。

しかしその直後―――!

なんとエリカはもう復活し、3人にしっぽ攻撃をしかけてきました!

恭平が2人に覆いかぶさり攻撃を避けようとしますが避けきれず、ザシュッ!という肉を切りつける嫌な音があがります。

しかし攻撃をうけたのは恭平ではなく…灰原でした。

灰原は頭部から大量の血を流してその場に倒れてしまいます…。

めめこ
めめこ
呪い解読の鍵を握る灰原がまさかの負傷…!
いったいどうなるの~!?

 

『鬼獄の夜』の最新話を無料で読むには?!

『鬼獄の夜』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT 31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp 30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム 2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp 31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
ebookjapan 無料会員登録で50%OFF!無料作品も豊富!
まんが王国 無料会員登録OK!無料漫画が3000作品以上!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

鬼獄の夜・第129話の感想

鬼獄の夜126話のネタバレはいかがだったでしょうか?
大ピンチな展開が続きますね~。
美空の予想よりもエリカの復活が早かったみたいです。
鏡を血に浸しにいくときにエリカが復活しなくてよかった…。

にしてもせっかく作戦が上手くいったのに最後の最後でエリカの悪あがきに合うとは…。
庇った恭平ではなく灰原が怪我をしたということは、エリカは呪いの解読を防ぐために灰原を狙った可能性が高いです。
あの化け物の見た目で頭もキレるとなると本当にやっかいな敵ですね…。

さて、怪我を負った灰原ですが、呪い解読は可能なのでしょうか!
次回も気になります!

マンガ ネタバレ
鬼獄の夜・第130話のネタバレと感想|マンガMee 「マンガMee」に掲載されている「鬼獄の夜」第130話のネタバレと感想です。 文字のみのあらすじとなっておりますが...

error: Content is protected !!