ネタバレ・感想

鬼獄の夜・第108話のネタバレと感想|漫画Mee




「漫画Mee」に掲載されている「鬼獄の夜」第108話のネタバレと感想です。

文字のみのあらすじとなっておりますが、ネタバレ注意です!

絵付きで実際のマンガを無料で読みたい!という方はU-NEXTに無料登録すると「鬼獄の夜」の最新話が無料で読めちゃいます!

無料でU-NEXTで読む
>>U-NEXTはこちら<<
31日以内の解約で完全無料!

ネタバレ
鬼獄の夜・ネタバレ全話まとめ【最新話から最終回の結末まで】マンガMeeで連載中の大人気コミック『鬼獄の夜』のネタバレ・感想をまとめました。 このページで『鬼獄の夜』のネタバレ内容が全て網羅...

 


鬼獄の夜・第108話のネタバレ

ついに恭平が目を覚ました…!?
彼は灰原を襲おうとしている鬼に強烈な肘うちをかましました!
鬼はその一撃で床にドォン!と倒れ込みます。

人がせっかくいい夢見てんのにうるせぇよ、ヤローの声なんて聞きたくねぇと悪態をつく恭平。
そしてふと、あれ?オレ何してたんだっけ?と我に返ります。

めめこ
めめこ
なるほど…やっぱり恭平は美空の声を聞いて彼女と過ごす夢を見ていたようです。
そこへ灰原の声が聞こえてきて鬱陶しさから飛び起きたという感じですね!

美空はすぐさま恭平へ駆け寄ります。

馬鹿…生きててよかった…と彼の胸元に顔をうずめる美空。
恭平が息をして動いている…美空は彼が生きていることを実感し涙を流します。

恭平はそんな美空を抱きしめながら、やっぱり夢より本物が最高だとしみじみしています。

しかし恭平はそのままずるずると美空に身体を預けてしまいました。
身体に突き刺さっているナイフが今更ながら痛みだしたのです。

そしてこのタイミングで現れたのは…また新手の鬼…!

そう、恭平が意識を取り戻したからといって美空たちは窮地を脱したわけではないのです。

館内はまもなく神経ガスが充満します。
一刻も早くここから脱出しなくては、全員死あるのみ…!

灰原はここで、恭平にはこれから仕事があると言い出します。
どうやら彼には何か作戦がある様子!?

 

 

 

―――静まりかえる樹海の中…。

 

そこへ唐突に湧き上がる爆音にも似た轟音!
ドォォン!という音ともに山中の地上へと這い出してきたのは…なんと美空たち!

恭平は鬼を従えて、自分が鬼に言うことを聞かせられていることに興奮していました。

そう、灰原の作戦とは…恭平に鬼を従えさせ、鬼によって天井に大穴を開けさせて館内からの脱出を試みるというものだったのです!

しかも大穴からは美空たちの他に信者たちも這い上がってきていました。

ひとまず目の前の危機を脱した美空たち。

美空は灰原にこれからどうするのかと問います。
柴エリカから一体どんな情報を聞き出したのかを尋ねる美空。
灰原はその質問にはこたえず、美空にこのまま下山しましょうと提案してきました。
いくら柴が警察と繋がっていても、生き残った信者たちとこの大きな施設を丸ごと隠ぺいすることは不可能…つまりこれで“終わり”にすることができる…自分たちの勝利だと言い出す灰原。

美空はその言葉をすぐに鵜呑みにはできませんでした。

 

2人がそんな話をしていると、恭平が話しかけてきます。

先ほどは驚異的な治癒力を感じて傷が治りそうな気がしていた恭平でしたが…流れ出る血が止まらないと言い出したのです。

腹部から血を流し続ける恭平の後ろには、先ほど大穴を開けた鬼がギョロリと目を光らせており…。




 

『鬼獄の夜』の最新話を無料で読むには?!

『鬼獄の夜』の最新話を今すぐ読みたい方は電子書籍サイトの無料ポイントを使用するのがおススメ!

多くの電子書籍サイトが、初回限定で無料ポイントを配布しているので、無料で好きな漫画や月刊誌が読めちゃいます!

無料&お得に読める電子書籍サイト

U-NEXT31日間無料でお試しで、600円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
コミック.jp30日間無料でお試しで、1350円分のポイントが貰えます。さらに作品購入でポイントが40%還元されます!
FODプレミアム2週間無料でお試しで、900円分のポイントが貰えます!さらに作品購入でポイント20%還元付き!
music.jp31日間無料お試しで600円分(漫画)、1500円分(動画)のポイントが貰えます。
まんが王国無料会員登録で半額クーポンゲット!お得な割引も豊富なサイト。
ebookjapan無料会員登録で半額クーポンゲット!無料作品も豊富!
めめこ
めめこ
ポイントをお得に使って無料で漫画読んじゃおう!!

鬼獄の夜・第108話の感想

あー!これはまさか…血を流し過ぎて恭平の中に流れていたエリカの血が薄まってきてしまっているかもしれませんね!
先ほどまで従えさせていた鬼が再び脅威へと転じる可能性が大です!
一つピンチを乗り越えるとすぐさま別のピンチに見舞われる…まったく気を休めることができませんね。
恭平はパッと見ではケロリとした様子ですが…大丈夫なのでしょうか?

美空はどうも灰原のことを心から信用していない様子…?
彼がエリカと手を組んだ上で練り上げた策というのが一体どんな内容なのかを気にしているようです。
それにエリカから得た情報を灰原が美空にすぐ話さないのも少し気になりますよね。
美空には言えないような内容なのでしょうか?